>  > レコード大賞が上から目線と言われる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

レコード大賞

,

吉沢ひかる

1130rekotai_main.jpg
※イメージ画像:『第58回 輝く!日本レコード大賞』TBS公式サイトより

 1億円買収疑惑が浮上するなど、今年の『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)は何かと注目を集めている。また今回の騒動をきっかけに、業界関係者からは同賞に対する否定的な声も挙がるようになった。その中でも特に目立つのが同大賞の審査委員への批判の声だ。

 そもそも同番組を放送するTBS関係者などが審査委員に入っているなど公平性を問う声も根強いが、それ以上に悪い評判が聞かれるのが、この審査の「上から目線」だという。

「あまり知られていませんが、レコード大賞は選考過程で名前が挙がると事務所やレコード会社に『CDを送ってほしい』という連絡が入ります。『これから審査をするのでCDを10枚、即座に送ってほしい』などと言われるわけです。事務所やレコード会社は、この連絡に喜び勇んでバイク便などで送りますが、中には歌手本人がこうした高慢な姿勢に反発して送付しないよう事務所に要請するケースもあります」(音楽業界関係者)

 候補に挙がるということは、すでに楽曲を聴いていると思われがちだが、実際にはなんとなく名前が挙がり、そのあとにCDを取り寄せて楽曲の審査に入るそうだ。無論、こうした形での審査も悪いとは言い切れないが、その際にCDを買うのではなく、送らせるという態度に対し、批判も多いらしい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。