>  >  > 45年ぶりに姿を現した「バブルマン」=タイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

 世界には、患者の外見を大きく変えてしまう奇病が数多く存在する。今回紹介する“レックリングハウゼン病”もそんな恐ろしい奇病のひとつだ。この病を発症すると、全身が無数のイボで覆われてしまい、患者はその外見から“バブルマン”とも呼ばれる。タイに住む60歳のシティ・チャーレンラタナプラパさんはレックリングハウゼン病を患い、45年もの長きにわたり人目を避けて生活してきた男性だ。

1611_bublleman_1.jpg
画像は、「Mirror」より

 シティさんがレックリングハウゼン病を発症したのは、15歳のころだった。全身に泡のようなイボが生じ始めたシティさんは周囲から避けられるようになり、家族にも見捨てられ、人目を避けて暮らすようになった。その外見から、シティさんは職にも就けず、赤十字のボランティアから食料品などを受け取って生活してきたようだ。

1611_bublleman_2.jpg
画像は、「Mirror」より

 そんなシティさんだが、今回45年ぶりに人目に付く場所に出てきた理由は、プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)の訃報を聞いたから。シティさんはプミポン国王を追悼するため、タイの首都・バンコクに行きたいと考えている。

1611_bublleman_3.jpg
画像は、「Mirror」より

 レックリングハウゼン病は、出生3,000人に対して1人程度の割合で発生し、日本にも40,000人の患者がいると推測されている。常染色体優性遺伝の先天性疾患であるレックリングハウゼン病は、性別に関係なく、両親に症状がみられない場合でも発症する可能性があるという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?