>  >  > 岡田圭右の娘・結実の将来に早くも暗雲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
YuiOkada.jpg
画像は「YUI OKADA Official Blog」より引用

 昨今の芸能界では2世タレントの活躍が話題だが、そのなかでもバラエティ番組で引っぱりだこの人気者にまで急成長した、モデルでタレントの岡田結実。イベント現場では、バラエティ番組と同様、語彙力のない“ゆるゆるトーク”でマスコミを和ませているが、そこに限界を感じたのか、目下“ファザコンキャラ”売りにシフトしているのだという。

 結実は11月24日、都内でジュエリーブランド・パンドラのクリスマスキャンペーンのPRイベントにゲスト出演。本業のモデルらしくネックレス、ブレスレットに指輪と、パンドラのジュエリーを贅沢にあしらった真っ赤なドレス姿を披露したというが、「MCにコメントを求められても毎回、『こういう素敵なジュエリーが似合う女性になりたい』などと、ほぼ同じ内容の繰り返しで、中身にとぼしいトーク力のなさを露見させていました」(芸能ライター)とか。

 イベント後の囲み取材では、夏ごろまで自ら積極的に披露していたという『ウワォ』『閉店ガラガラ』などの父・岡田圭右のパクリ芸もこの日はさすがに見せなかったというが……。

「結局、現場マスコミから聞かれるのはこれまで両親からもらった思い出のプレゼントなど、父・岡田圭右に関係した話題ばかり。それまで品よく話していたのに、ジュエリー三昧の自身の姿を誰に見せたいか? と問われた際に、『お母さんに。少し前まで“クソガキ”だったので……』と急にキタナい言葉遣いで素を露見させてしまったのには、記者も失笑していました。一方で、理想の男性のタイプを問われ、結実が『お父さんに似ている人が好き』『お父さんが好きなのは変わらない』などと、ファザコンを感じさせるコメントを連発しましたが、これには男性関係でツッコまれるよりも、ファザコンを売りにしておいたほうがいいという所属事務所の思惑も透けて見えましたね」(同)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。