>  > 明石家さんまの業界評がガタ落ち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

明石家さんま

1202sanmasan_01.jpg
※イメージ画像:『本人vol.11』(太田出版)

 SMAP解散騒動は多くの番組で取り上げられているが、そのほとんどはワイドショーなどの情報番組であり、タレントが多数出演するバラエティ番組などで扱われることは少ない。SMAPメンバーと共演経験があるタレントならば、それぞれ思い入れがあるはずだが、それを番組内で語ることは皆無に等しい。しかし、そんな中でただひとり、SMAP騒動に絡んでいる芸人がいる。それが明石家さんまだ。

 解散決定後、自身のラジオ番組や出演したテレビ番組で何度もSMAPトークを繰り広げ、自分は裏事情を知っているような口ぶりも見せている。このような明石家さんまの姿勢を業界関係者はどのような目で見ているのだろうか。

「正直、口先だけの介入でみっともない感じがあります。さんまさんは木村拓哉さんや中居正広さんと個人的な付き合いもあるので、真相や裏事情を知っているのは事実だと思います。でも、ほかの芸能人もそれなりに真相を知っていても何も語らない中で、さんまさんだけアピールがひどくて、ちょっと滑稽ですよね」(テレビ番組関係者)

 たしかにメンバーとの付き合いがあれば真相は知っているだろうが、変にアピールされるのは気持ちのいいものではない。さらに、ただのアピールで終わっていることも問題なのだという。

「実際、詳細に裏事情を知っていて、それをテレビやラジオで暴露して、新事実を世の中に明かすなら賞賛されるかもしれません。でも、結局はほかの芸能人と同じように大人の事情を抱えていて何もいえないわけです。だったら、変に『俺は真相を知ってるぞ』アピールなんかしないで、黙っているべきですよね」(同)

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年12月13日 16:24 | 返信

実在するのかすら怪しい“関係者”の“証言”の羅列だけを根拠に「評判がた落ち」などとこき下ろされたんじゃ、さんまもいい迷惑だな。
さんまが何も言わなければ言わなかったで「何らかの事情は知っているはずなのにジャニーズを恐れて口をつぐむさんま」とか難癖つけるんだろ、この三流ネットメディアの三文ライターは。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。