>  > 愛猫家の正体は猫肉販売業者だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

neko100001.jpg
男の自宅から保護された猫たち(出典:「成都商報」)

【日刊サイゾーより】

 中国や朝鮮半島、東南アジアの一部地域では、犬の肉を食べる文化が残っている。中国・広西チワン族自治区玉林市では年一回「犬肉祭」が行われ、街中の人に犬肉料理が振る舞われるが、「残虐だ」として国内でも物議を醸している。そんな中、四川省成都市で献身的に野良猫の面倒を見ていた男の“裏の顔”が暴かれ、大きなニュースとなった。

「人民日報」(11月29日付)などによると、今年8月、あるネットユーザーが猫を飼うため、中国版LINE「微信」でペットに関するグループチャットを閲覧していたところ、猫を販売する男と知り合った。この男は当初、多くの野良猫の面倒を自宅で見ていて、もらい手を探していると語っていた。ところが、この男と連絡を取り合う過程で、ネットユーザーは不信感を覚えたという。

 そして男を問い詰めたところ、なんと男は集めた猫を屠畜し、猫の肉を売って生計を立てていると白状したというのだ。この男のウワサはすぐにネットで広がり、9月には地元紙の記者がレストラン経営者を装ってコンタクトを取り、潜入取材に成功。すると、次々と驚愕の真実が明らかになったのだ。記者が「レストランで使う肉が欲しい」と言うと、男は記者を信用して自宅に招き、悪びれる様子もなく淡々と自らの商売について語りだした。

neko100002.jpg
劣悪な環境の中、小さなかごの中に大量の猫が入れられていた

<うちはウサギ肉として、レストランや精肉業者に猫肉を販売してるんだよ。1日に屠畜する猫はだいたい100匹くらいで、500g当たり10元(160円)で売れるんだ。猫1匹当たり約3kgの肉が取れるから、1日当たりの売り上げは6,000元(約9万6,000円)にもなるよ。仕入れ方法? 野良猫を回収する業者がいて、格安で買い取っているんだ。業者は毎日100匹前後の野良猫を生け捕りにしてウチに持ってくるよ>(11月29日付の「成都商報」に掲載された男のコメントより)

 さらに男が記者に語った、猫の屠畜方法も、あまりに衝撃的だった。いわく、屠畜するときは麻の袋に猫を入るだけ詰め込み、水中に入れて溺死させる。その後、皮を剥いで内臓を取り除き、冷凍庫で保存するというのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。