>  >  > 【画像】英国で超巨大な“霧のドーム”出現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
fogdome_05.jpg
霧に覆われたロンドン「Daily Mail」より引用

 ロンドンといえば霧の都として知られているが、どうやらイギリスではUFOも霧を上手に利用しているようだ。なんと、球形の巨大「フォグ・ドーム」が出現、自然現象とは思えない異様な光景に、なんと「UFO説」まで浮上しているというのだ!

 英紙「Daily Mail」など海外メディアの報道によると、「フォグ・ドーム」が出現したのは今月3日、英ウェールズ州北部の都市トレマイルヒオン。近所に住むハンナ・ブランドフォードさんが、ペットの散歩中に偶然遭遇したという。ブランドフォードさんが、英「The Sun」紙に当時の興奮を語っている。

「信じられないほど完璧なドームだったんです。とても美しかったので、すぐにカメラを取り出して撮影してしまいました。こんな不思議な現象は過去に見た記憶がありません。滅多にないことだと思います」

 それでは早速、ブランドフォードさんが撮影した写真をご覧頂こう。

fogdome_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 巨大な卵のようなものがハッキリと見て取れる。まるで人工的なオブジェのような姿は、あまりにも現実離れした光景だ。これほど完全なドーム状物体が自然にできたとは少し考えづらい。一体全体これは何なのだろうか? 

 ネット上では「宇宙人だ」、「UFOが擬態しているに違いない」と、「UFO説」を支持する声が多数聞かれ、世界的に有名なUFO研究家スコット・ウェアリング氏もいち早く反応、自身の運営するブログ「UFO Sightings Daily」で持論を展開している。

「UFOが雲に擬態して、イギリスを近くで観察していたようです。この雲には持続性があります。明らかに内部に何か隠していると見ていいでしょう。観察対象にギリギリまで近づくため、自ら雲を吐き出して、それを纏ったとしか考えられません。おそらく、地表を移動しながら徐々に家屋に近づいていったのでしょう」

 なんと、ウェアリング氏は「雲に擬態したUFO」で間違いないというのだ! しかし、なぜ彼らは地元住民を観察していたのだろうか? 幸いにして、今のところ近隣住民から被害は報告されていないようだ。彼らが人間に危害を加えるつもりは無いのか、それとも今後のために現地視察をしていたのだろうか?

コメント

4:匿名2016年12月 8日 20:49 | 返信

クラゲです!

3:匿名2016年12月 7日 16:27 | 返信

リゼロの白鯨がいるんじゃね?

2:匿名2016年12月 6日 18:11 | 返信

擬態を解除して飛び立つ何かを撮影した画像も出さないと、100%UFOに間違いない、なんて言えない。

1:匿名2016年12月 6日 14:04 | 返信

宇宙船が入ってるね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。