>  > サラダの盛り付けを抽象絵画風にすると2倍美味しくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 英紙「Daily Mail」によると、最新の心理学研究で「サラダを芸術作品に模した場合、普通に盛り付けられたものより美味しく感じる」という興味深い結果を発表した。


■料理の盛り付けが抽象絵画風だと美味しく感じる

 この実験は、オックスフォード大学とロンドンを拠点に活躍するシェフたちとの協働により、18歳~58歳までの60人の被験者を動員して行われた「サラダをアートすると、人にはどのように作用するか」という実験だ。研究チームを率いるオックスフォード大学のチャールズ・スペンス教授は語る。「ディナー客は、運ばれてきた一皿の美しさを直感的に見抜きます。料理が精巧であればあるほど、また、それが抽象絵画を彷彿させるとき、より美味に感じるのです」。

abstractarranged1.JPG
カンディンスキー『E.R.キャンベルのための壁画No.4』風サラダ 「Daily Mail」の記事より

 実験の方法は以下の通り。まったく同一の食材を用いて、2種類のサラダを作る。1つは、ごく一般的なサラダ、もう1つは有名なアート作品を真似たもの。食材には、マッシュルームやブロッコリー、エンダイブ、カリフラワー、日本でもおなじみのシメジなど30種類以上が使用され、さらにイカスミを含めたさまざまなソースがふんだんに使われた。

abstractarranged2.JPG
ピカソ『ドラ・マールの肖像』風サラダ 「Daily Mail」の記事より

 被験者たちに断トツ人気だったのが、ロシアの抽象画家ワシリー・カンディンスキーの『E.R.キャンベルのための壁画No.4』だ。被験者の多くが、「きちんと盛り付けられてはいるが、あまりクリエイティブでないもの」より、ずっと美味しいと報告している。

 また、この美しく盛り付けられた野菜に2倍の料金を請求されたとしても納得すると語っている。つまり、盛り付けいかんで、お客が喜んで支払う値段まで変わってくるというのだから、視覚から刺激される食欲というのは絶大だ。ちなみに、カンディンスキー以外にもピカソの『ドラ・マールの肖像』やマグリット、そしてロスコの作品が一流のシェフたちの手により美しく再現されている。また、ポップアートの旗手キース・ヘリングの作品もシェフたちに人気のようだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。