>  >  > 【閲覧注意】銃を口に突っ込み、即ブッ放す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1612_isshotmensmouth_1.jpg
画像は、「Best Gore」より

 今年10月中旬から開始された“モスル奪還作戦”。「イスラム国(IS)」に支配されたイラク北部のモスルを取り返すため、イラク政府軍や連合連合は順調に進撃を続け、奪還は順調に進んでいるように思われた。しかし、ISの最高指導者アブバクル・バグダディが徹底抗戦を呼びかけるメッセージを公開すると、次第にISは勢いを取り戻しはじめ、作戦は今後長期化すると見られている。

 世界がテロに屈しない姿勢を見せる中、アメリカのライス大統領補佐官は、CNNのインタビューに対して「すでにISの支配地域の55%を奪還した」と語り、空爆支援などの「イスラム国」掃討作戦が順調に進んでいることを強調している。しかしそんな中、ISはシリア東部デリゾールで撮影されたとみられる新たなプロパガンダ動画を公開した。

 12月上旬に公開された映像では、ISのメンバーと思しき男性たちの話や、戦場で銃を放つ様子など、プロパガンダ色の強いシーンが続く。しかし13分ほどが経過すると、突如として銃を持った年配のIS戦闘員4人が映し出される。1人目の老人が何やら主張を行ったあと、絶望的な顔をした青年の口に銃を突っ込み、引き金を引く。そして発砲音と同時に、青年の後ろには砂埃が舞い、銃弾が青年を貫通したことがわかる。口に銃を突っ込んで発砲、さらに突っ込んで発砲……と繰り返し、4人の青年の命を次々に奪うのであった。

 シリア北部には、ISが“首都”と定める都市ラッカが位置している。先月下旬には、「シリアに続くモスル西方の主要道路を遮断した」との報道が、イラク政府から発信された。モスルとラッカを行き来するIS戦闘員は数多くいるため、この道路遮断によってISは大打撃を受けると見られている。

 今回のプロパガンダ動画が撮影されたデリゾールは、アメリカ主導によって行われた大規模“誤爆”で、シリア政府軍の兵士90人ほどが死亡した場所でもある。さらに今月7日には、ISが支配するイラク西部のカーイム(シリアとの国境付近)で、女性や子どもを含む55人の市民が死亡する空爆があったばかりで、これも誤爆ではないかと疑う声が上がっている状況だ。プロパガンダで命を奪うISと、誤爆によって命を奪う有志連合――。泥沼の戦いが続く中、いったいどれだけ無実の命が奪われ続けるのだろうか。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

IS

コメント

2:匿名2017年6月22日 02:14 | 返信

クソジジイ 調子に乗るな火葬するぞ

1:匿名2016年12月13日 00:40 | 返信

サウジアラビアは本当に凶悪な国
最悪な国であることは間違いない
ISを作り出した次はイエメンあたりを攻撃中

ドバイで核戦争が起きるような気がする
イルミナティカードにビルに焦げた人間の影が映っているのがある。あのビルはドバイのビルだ。

ああいった暑い区域で核を使った戦争が起きると思う

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?