>  > 【日本怪事件】異様すぎる「闇サイト殺人事件」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

日本怪事件

,

深笛義也

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】をノンフィクションライターが紹介する…!

ThinkstockPhotos-618043630.jpg

 許すことのできない女性の拉致事件。その中でもあまりの犯行の異様さに、今でも忘れることができないのが、平成19年に起きた「闇サイト殺人事件」だ。

 主犯格の神田司は、その前年には闇サイトを利用して通帳詐欺を行い、執行猶予つきの有罪判決を受けていた。川岸健治は、平成17年に「オレオレ詐欺」で有罪判決を受けた。掘慶末には犯罪歴はなかったが、ダーツにのめり込んで400万円以上の借金を抱えていた。


■事件あらまし

「愛知県の人で何か組みませんか」

 闇サイトの1つである「闇の職業安定所」に誘いの文句を書き込んだのは、川岸で、それに2人が応じた。平成19年8月21日、3人が顔を合わせると、犯罪歴や不良ぶりを誇示しあい、強盗の計画が練られていった。

 3日後の8月24日、3人は帰宅途中であった磯谷利恵さん(31歳)を、名古屋市千種区内の路上で襲い車に連れ込んだ。愛知県愛西市内の駐車場に停車した車の中で、男たちは磯谷さんから現金6万円ほどと白いハンドバッグを奪う。

 さらに刃渡り18.6センチの包丁をちらつかせながら、キャッシュカードのパスワードを言わせようとした。

「カードを作ったのは昔だから、忘れてしまった」

 磯谷さんは容易に口を割らなかった。手錠をかけられていた彼女を、神田と掘が目を離した隙に、川岸はレイプしようとさえした。

「2960」

恐怖に抗えなくなったのか、磯谷さんは番号を口にした。

顔を見られたことを理由に、男たちは磯谷さんに襲いかかった。

「殺さないって言ったじゃない」「話を聴いて! 死にたくないっ」

 懇願する磯谷さんの首にロープを巻き付けて引っ張るが、なかなか絶命しないのを見て、ハンマーが振りおろされた。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年10月10日 15:56 | 返信

昨日(2017.10.9)この事件についての特番を見た。

事件のあらましを知ってはいたが
幼い利恵さんとお母さんとが一緒に微笑む写真を見た瞬間…
お母さんの無念な気持ちが痛い程伝わり、こみ上げるものを抑えられなかった。

やはりまだまだ、加害者側の人権だけが偏重され
被害者は死に損と言わざるを得ない。

改憲云々より、もっと時代に則した刑事司法制度の拡充が先決なのでは?と思った。

2:匿名2017年9月 2日 06:57 | 返信

犯行は無計画、行き当たりばったりで
弱者を残虐な方法で殺害

日弁連のお偉いさん
犯人の人権が大事ですか?
死刑廃止ですか?
綺麗ごとで、この事件が説明できますか?

社会に脅威を与える者は排除せねば、
平穏な社会は保てないがなー。

1:匿名2017年5月23日 22:42 | 返信

こいつらの頭も、ハンマーでぶっ飛ばしてやりたいわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。