>  >  > ピラミッドの座標は光の速さを示していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 世界の七不思議の中で唯一現存する建造物、ギザの大ピラミッド。一般的にはエジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墓として紀元前2560年ごろに建築されたと考えられている。ちなみに完成時の高さは146.6mで、14世紀にイギリスのリンカン大聖堂が建てられるまで、3800年もの間地球上で最も高い建造物だった。

 古代エジプト人は巨大なピラミッドを一体どのような方法で、何の目的で建築したのか、いまだに多くの謎を残しているのだが、“数字にまつわる謎”も数々指摘されている。今回、世界の不思議を探求するウェブサイト「EWAO」が報告したところによると、なんと光の速さとギザの大ピラミッドの座標がぴたり一致したと言うのだ。これは単なる偶然か、それともピラミッドにはやはり何らかのメッセージが込められていたのだろうか……。

Pyramid_and_Light1201.jpg
画像は「EWAO」より引用


■誤差0.01%未満! 光速の定数とぴたり一致!!

 ギザの大ピラミッド内、大回廊が位置する中心部の座標は、北緯29度58分45.28秒、すなわち北緯29.9792度。そして、真空中における光の速度の定数は、299,792.458km/sである。ちなみにこの数値は1983年に定義されたもので、マイクロ波やレーザーを使用することにによって測定されたものだ。桁数は違うものの、2つの数字の並びはぴたりと一致するのだ。誤差は0.01%未満で、ピラミッドの中心部からほんの少し足を動かせば、座標と光速は完全に一致するという。古代人は光の速度を正確に把握していたということだろうか……!?

 経度はイギリスの旧グリニッチ天文台を基準としているが、緯度は地球そのものに基準を置いている。もしも古代エジプト人が、意図的にピラミッドの緯度と光速を符合させていたなら、彼らは光の速さとともに、地球上の正確な位置情報も把握していたことになる。現代に匹敵するレベル(かそれ以上)の数学、物理学、天文学の知識を持っていたことになりそうだが、実はピラミッドには地球や宇宙に関する数字の符合も見つかっているのだ。

Pyramid_and_Light1203.jpg
画像は「YouTube」より引用

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年1月24日 06:19 | 返信

ガーン、この事実に驚愕しました。ここまでとは思いませんでした。
大ピラミッドは黄金数、円周率を知らないと、作ることは出来ないと言われていますが、
自然対数の底であるe=2.71828も表されているはずと、思われています。
そこで、私も探してみました。
ピラミッドの底辺の一辺の平均実測値は230.39mです。
10の自然対数をとるとln10は2.302585なり、数字の並びが極めて近くなります。
これは常用対数から自然対数の変換に普通に使われる数で誰でも良く知っている数字です。
eをわざわざ探すまでもなく、目の前のピラミッドの底辺に最初から表れていたわけです。
これは、驚きというより衝撃でした。

大ピラミッドはクフ王の墓と言われていますが、クフ王が黄金数、円周率を知っているはずは
ありません。知っていればクフ王が作ったと言えるかもしれません。
光速度は長さの単位であるmと時間の単位である秒が決まらないと、測定できませんが、古代の建造物に、現代科学の数字が表れているとは実に不思議としか言いようがありません。

3:匿名2016年12月15日 21:44 | 返信

そもそも高速度の定数と座標になんの因果があるんだ。
株式会社サイゾーの資本金2200万円。
先日契約更改を終えたソフトバンクホークス岩崎の年俸と同じだが、だからなんだってのと同じで

2:匿名2016年12月15日 13:58 | 返信

はい、研究者のこじつけです。

1:匿名2016年12月15日 13:39 | 返信

古代エジプトで360度法を使っていた可能性
古代エジプトで地球が球であると認識されていた可能性
古代エジプトでメートル法が使われていた可能性w

TOCANAとはいえ頭悪すぎるだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。