>  > 日本が報じない「プーチンの知られざる真実」5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Putin5secrets.jpg
画像は「THE WALL STREET JOURNAL」より引用

 今月15日、ロシアのプーチン大統領が6度目の来日を果たした。わずか2日間の日程ではあるが、何といっても今回の焦点は、70年以上にわたり進展が見られない北方領土問題を含む平和条約交渉に何らかの前進が見られるのか、という点に尽きるだろう。各地は和やかな歓迎ムードに包まれているようだが、プーチンの“したたかさ”を見くびるべきではない。

Putin5secrets_3.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 近年、急激に中央集権体制と独裁色を強め、覇権主義へと傾くロシアを統率する元凶こそ、プーチンその人である。日本文化に理解を示し、柔道は黒帯、動物(秋田犬を含む)が大好き……など、日本人にとっては好感できる要素が数多く報じられるが、この男にそこまで心を許してよいものか。何しろ、旧ソ連におけるスパイ活動・破壊工作・国民監視などを一手に引き受けていた悪名高きKGBの出身である。決して一筋縄ではいかないことは一目瞭然だ。攻略するためには、この男の「底知れぬ奥深さ」を少しでも理解し、彼のあらゆる言動の裏にある“真意”を読み取ろうとする試みが必要不可欠といえる。そこで今回は、まだ日本でほとんど報じられていない、プーチンの知られざる側面を5つ厳選してお伝えしよう。


知られざる側面1: プーチンはピアノと歌が上手

 ロシアの実質的国営メディア、「RT(ロシア・トゥデイ)」が報じた恐るべき映像をご覧いただこう。これは、一時プーチンが首相の座に退いていた(とはいえ実質的な最高権力者だった)2010年に開催されたチャリティー・イベントでの一幕である。

動画は「YouTube」より引用

 大勢の来場者を前に、冒頭からプーチンは圧倒的なソロ・ピアノを披露。会場は一気に感動の嵐に包まれた。しかも、そこから間髪入れずに立ち上がると、次はバックバンドを従えて魅惑の中音ボイスを披露。ファッツ・ドミノの名曲「Blueberry Hill」を英語で、完璧に歌いこなすのだった。来場者はみな一様に立ち上がり、歓声を上げる。プーチンのカリスマ性と多才さ、そして並外れた人心掌握術をひしひしと感じさせる光景である。しかし、忘れてはいけない。たとえ彼が笑顔を見せても、それは決して心の奥底からの微笑みなどではないのだ。

コメント

2:匿名2016年12月17日 06:10 | 返信

本物のプーチンは どれだ?

1:匿名2016年12月17日 01:28 | 返信

やっぱりそうか!15日と16日はプーチンさん代えてたよな
日本も安倍さんを増やそう そして交渉しなくてはならない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。