>  > “愛の炎”が消火器で台無しに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

chpropose001
愛の告白のために、一生懸命ロウソクに火をともす男子大学生。だが、この後……

【日刊サイゾーより】

 中国の大学では毎年、クリスマス前のこの時期になると、ある一風変わったサプライズイベントが話題だ。それは、ロウソクを使った愛の告白。しかし、中には悲惨な結末を迎える男性もいるようで……。

「人民日報」(12月14日付)によると、ある男子大学生がキャンパス内で愛の告白をしようとしたところ、“強制阻止”されてしまったという。

 場所は、河南省にある鄭州財経学院。男子大学生がハート型に並べたロウソクに火をともし、告白相手の女性がやってくるのを待っていた。周りには愛の告白を見届けようと、多くの学生が集まっていた。あとは、運命の時を迎えるのみだった……。

chpropose002.jpg
駆けつけた大学職員に消火器で火を消され、騒然とする現場

 ところが、複数の大学職員が現場に駆けつけ、なんと消火器でロウソクの灯を一斉に消してしまったのだ。この騒動で、辺りは消火器の白い粉に包まれ、さながらボヤ現場のような光景に。騒動後、この男子大学生がトイレでむせび泣く姿が目撃されているという。

 SNS上では、同情する意見や間抜けな男性を笑う声が飛び交った。

「こいつに呼び出された女が、現場にすら行きたくなくて、きっと大学側に通報したに違いない(笑)」
「まだ告白すらしてないのに、いろいろな意味で終わっちゃったね 。愛の炎が、まさか消火器で消されるとは」
「恋敵が仕組んだに違いない。この男が不憫でならない」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。