• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Moaza.jpg
画像は「BBC」より引用

 病気治療のために卵巣を失い不妊となった女性が、幼い頃に冷凍保存していた卵巣組織によって妊娠出産したという驚きのニュースが入ってきた。卵巣を失った女性が、第二次性徴期前に保存した卵巣組織で妊娠したケースは世界初とみられる。英「Independent」紙や「BBC」などの多くの海外メディアが報じている。


■9歳の時に卵巣摘出→冷凍保存→24歳で出産!

 今回、驚くべき経緯で出産を遂げたのは、ロンドンのポートランド病院で不妊治療を受けていたモアザ・アルマトローシさんだ。ドバイ生まれの彼女は現在24歳で、生まれつきベータサラセミアという重度の血液疾患を患っていた。9歳の時、モアザさんは骨髄移植と化学療法を受けるために卵巣を摘出、それを冷凍保存した。

Moaza_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 骨髄移植の際に行われる放射線療法や化学療法は、生殖器へのダメージが大きく、男女を問わず不妊症になってしまう可能性が高い。そのため、最近では治療前に患者の精子や卵子を採取して凍結保存するケースも多い。だがモアザさんの場合、治療開始がまだ第二次性徴期前だったため、卵子を採取して凍結保存する方法はできなかった。そこで彼女は、2つある卵巣の1つを摘出するという思い切った手段を選んだのだ。

 その後、化学療法の副作用によって体内に残るもう片方の卵巣はダメージを受けて早期閉経してしまい、モアザさんは若くして子どもを持てない体になってしまった。しかし、21歳になったモアザさんに、医師は凍結していた卵巣組織の移植を提案した。モアザさんの体内に残っている機能を失ったもう片方の卵巣に、かつて保存した組織の一部を移植することで、ホルモンの生産や排卵機能が回復するという見込みだった。

 医師の試みは見事成功し、モアザさんのホルモンレベルは妊娠・出産が可能なレベルまで回復、採卵や体外受精も可能となった。そして今月13日、ついにモアザさんとそのパートナーであるアフメドさんの間に元気な男の子が誕生した。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。