>  >  > 増加するリアル・吸血鬼の原因は遺伝子変異!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 吸血鬼というと、ホラー映画に登場する怪物のような存在をイメージされる読者が多いだろうか? しかし、この世の中にはリアルに「血を吸いたい」という欲望を抱えた人間もいるのだ。

DrinkingBlood_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■傷つけ合って血をすする、リアル吸血鬼カップルの日常が一転……!

 米・ミズーリ州に住むヴィクトリア・ヴァナター(19歳)もそのような性的嗜好を持つ女性で、同じ欲望を抱えた男性と交際していた。つまりこの2人は、「リアル吸血鬼」カップルだったというわけだ。

DrinkingBlood.jpg
ヴィクトリア 画像は「41 Action News」より引用

 先月23日、ヴィクトリアは自身の欲望を満たすため、キッチンで自ら腕を切りつけて男性に血を吸わせようとし、同様に男性の肩もナイフで数回刺した。しかし、その際に誤って大怪我を負わせてしまったという。焦った彼女は、すぐさまスプリングフィールド市警に通報した。現場に駆けつけた警察官によると、リアル吸血鬼カップルは血まみれになっており、事件現場の壁には、ヴィクトリアが血で描いたと思しき「I'm sorry.」の文字とハートマークが残されていたという。

 幸いなことに男性の命に別状はなかったが、 ヴィクトリアは第一級家庭内暴力、傷害罪、武器不法所持罪など複数の罪に問われ、グリーン郡拘置所に拘留された。科された保釈金は15万ドル(約1,500万円)だった。しかし、彼女は他にも2つの吸血事件への関与が疑われており、警察に対して「私の存在は社会にとって脅威よ。将来、連続殺人事件を起こしてしまうかもしれないわ」という不気味な言葉を告げたという。


■伝説ではない! 吸血鬼は昔からいた

DrinkingBlood_3.jpg
エリザベート・バートリー 画像は「Wikipedia」より引用

 にわかには信じ難い話だが、昨今このような吸血鬼が増えているという。

 そもそも吸血鬼という存在自体は昔から囁かれており、“血の伯爵婦人”と呼ばれたハンガリー王族エリザベート・バートリーは「処女の生き血を飲むことで若さと美しさを保てる」という思想のもと何百人もの若い女性を殺し、生き血を飲んだといわれている。また、トカナでも何度か「吸血鬼の骨が発見された」という話題を報じている

 吸血行為に取り憑かれてしまった人間の存在を、もはや単なる“伝説”や“異常者”として適当にあしらうべきでないことは明らかなのだ。では、吸血鬼が出現する原因とは何か?

関連キーワード

DNA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。