>  >  > 火星で隣り合う”階段ピラミッド”が発見される!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

「火星に生命や文明が存在する」と考えられるようになったのは、19世紀と古く、SFの題材になるなど人類の想像力と好奇心を強く刺激してきた。そして、探査車が実際に、火星を調査するようになった昨今、火星人や火星文明の存在はもはやSFのような架空の話ではないかもしれない。これまでに火星探査車が撮影した画像には、人工物としか思えない構造物が数多く写されているのだ。そして今回、またしても、火星にかつて文明が存在したことを示す構造物が発見されたという。

 これまでも数々の発見をもたらしているNASAの火星探査車『キュリオシティ』の活躍ぶりは、トカナでも逐一報告してきた。その『キュリオシティ』によって撮影された画像には、2つ並んだピラミッドがばっちり写っているというのだ!

 今回ピラミッドを発見したのは、YouTubeチャンネル「Martian Archaeology」で、今月18日公開の動画で発表されたばかりだ。何はともあれ、問題の画像をご覧いただこう。

Ancient_Pyramids_on_Mars1201.jpg
画像は「YouTube」より引用
Ancient_Pyramids_on_Mars1202.jpg
画像は「YouTube」より引用

 比較対象となる物がないため大きさははっきりしないが、2つの隣り合う物体のシルエットは、確かにピラミッドによく似ている。右側はエジプトやマヤ文明で有名な階段ピラミッドそっくりではないか!? 角度の違う斜面が重なっている様子がはっきり見て取れる。さらに、頂点部分が綺麗に平らになっている点も、階段ピラミッドによく見られる特徴だ。

 一方、左側の物体は右側に比べると、滑らかな斜面を持ち、綺麗な三角形を成している。しかしよく見ると、石が層状に重なり、徐々に高くなっているようだ。いずれにせよ、岩のような自然物だとは考えにくいのだ……。

Ancient_Pyramids_on_Mars1203.jpg
画像は「YouTube」より引用
Ancient_Pyramids_on_Mars1204.jpg
NASA提供のオリジナル画像

■強風による風化はピラミッドの”古さ”を示す……!?

 世界的に著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏も今回発見された2つのピラミッドを自身のブログで紹介している。

「本当に素晴らしい。特に左側のピラミッドはメキシコの階段ピラミッドと酷似しています。長年放置されていたのか、風化が進んでいるようですが、これらの構造物が火星に存在するという事実は非常に重要な意味を持つでしょう」(ウェアリング氏)

 火星表面では、ハリケーン並みの風速(時速120km以上)にも達する強風が、毎日のように吹き荒れていることが明らかになっており、ピラミッドのような石でできた構造物も当然その影響を受けると考えられる。ところどころ風化の跡が見られる、今回発見されたピラミッドは、太古の昔に建設されたことを示している、とウェアリング氏は考えているようだ。

 そして、火星の古代文明がピラミッドを建設していたのなら、同じくピラミッドを建設した地球の古代文明と密接な関係を持っていた可能性は高まることになるだろう。さらにウェアリング氏は、こうした火星にかつて文明が存在したことを示す痕跡が、NASAによって公表されないことについて言及している。


■“火星ウォッチャー”たちの活躍はNASAを凌駕している!?

「どうしてNASAはこうした事実(火星文明の遺跡)を公表しないのでしょうか。NASAによって提供されたデータ自体、公になる前に修正が加えられていないとも限らないのです。もしNASAによって、画像や映像データに手が加えられているなら、それこそ彼らが、重要な事実を掴んでいる証拠だと言えそうです。ですが、NASAの公式見解はもはや必要ないかもしれません。世界中のUFOハンターたちが調査に膨大な時間を費やしている今、NASA以上に彼らから多くの発見がもたらされているのです」(ウェアリング氏)

 近年、NASAが画像に修正を加えていたことが、NASAの元職員や元米軍関係者らによって暴露されている。そうした証言がどれだけ信頼できるものなのかはっきりしていないが、NASAに疑惑の目が向けられているのは確か。もしウェアリング氏の予想どおり、NASAが画像を修正しているなら、度々火星で報告される、人口構造物らしき物体はNASAの目をすり抜け、“火星ウォッチャー”によって発見されているのかもしれない。

 懐疑派からは、こうした類の話は全て陰謀論者の妄想であると言われがちだ。だからこそ、ひとつひとつの発見を丹念に見ていくことが求められるだろう。今回発見されたピラミッドらしき構造物は、火星に古代文明が存在した根拠となるのか。続報に期待したい。
(坂井学)

動画は「YouTube」より引用

参考:「UFO Sightings Daily」、「YouTube

コメント

6:匿名2016年12月27日 19:38 | 返信

こじつけも甚だしい。偏った脳ミソではこんな物をピラミッドと呼ぶのか?
正常な思考が出来て、客観的に見られる人なら単なる岩で終わるだろう。

5:匿名2016年12月24日 14:44 | 返信

ただの岩
単なる岩
自然の岩
ですw

4:匿名2016年12月22日 09:35 | 返信

妄想も、ここまでくると口出ししたくない。

3:匿名2016年12月22日 04:00 | 返信

このシリーズマジつまらんよな。
喜ぶ奴がいるから続いてるんだろうけど。

2:匿名2016年12月22日 03:14 | 返信

さすがに、これは違うでしょwww まず大きさがわからん。自然にできた岩っぽいんだが。そしてこの地形の水平線もわからんが、もし仮にピラミッドだとして頂部が垂直だとして、、ここは単なる斜面でしょ。わざわざ斜面に作るか? 申し訳ないけど、これは、、、ない。

1:匿名2016年12月21日 15:12 | 返信

大きさもわからなければ
水平線もわからない。
もしこの「ピラミッド」の頂点が
真上を向いているなら
この写真の奥に写ってるのは
巨大な山の稜線と解釈でき、
そっちの方がびっくりなんだが
逆にその「稜線」の方を水平とするなら
このピラミッドとされるモノは
頂点を真上に向けられず
どこも崩れずに傾いた状態という事になる。
さらに言えばこれはキュリオシティの写真だろ?
もしこれが「ピラミッド」みたいなデカブツなら
ドローンみたいにある程度上空からじゃないと
こういった写真は撮れないのでは?
・・・っつーこってこの話題は落第ね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。