• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

“歯を抜くには痛みが伴う”というのは、誰しもが思うことだろう。歯が広範囲に渡って虫歯に浸食されていたり、修繕不可能なほどに破損している場合には抜歯が行われる。抜歯を行う前には、表面麻酔や注射による麻酔を行い痛みを軽減させるのだが、注射針の痛みに震え上がった人も少なくないはず。

1612_tooth_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 今月16日、イギリスの「Daily Mail」に公開されたニュースは、2度と歯医者に行きたくなくなるような、なんとも“痛い”手術のようすを収めている。動画は、スイスで開発された最先端の技術“ベネックス抜歯システム”による抜歯手術の過程が撮影されており、Facebookに投稿後、約12万回もの視聴回数を記録したという。

1612_tooth_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1612_tooth_3.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1612_tooth_4.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 施術前には鎮静剤の投与の有無は不明だが、このスイスの最新の抜歯方法は信じられないことに、“痛みが伴わない方法”だと言われている。まず歯科医は、抜歯を行う前に歯の上部、歯肉溝の内部に切れ目を入れていく。そしてペンチで歯をつかみ、ゆっくりと回すように歯を抜いていく。引き抜かれた後には、歯根部分が見えペンチでは引き抜けない。そこで使用されるのは「ダイヤモンド・ドリル」と呼ばれる、スクリュードライバー。そのドライバーで歯根の中心部に穴を開けていく。穴はかなり奥まで開けられ、歯肉内部は血で真っ赤に染まっている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?