>  > 驚愕の万馬券的中率を誇るプロ集団がいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

予想

,

有馬記念

,

競馬

■有馬記念で一攫千金を狙え!

baken1220.jpg
波乱必至の有馬記念を的中させるには?

 有馬記念は競馬場に10万人以上が来場し、わずか2分33秒ほどのレースに400億円近い馬券が売れる世界最大の競馬イベント。だが今年の有馬記念は大波乱の空気がプンプン漂っている。確かに人気も実力も兼ね揃えた超一流馬が多く出走を予定しているが、有馬記念はあのディープインパクトでさえも人気に応えられず敗退しており、何が起きてもおかしくはないレースなのだ。

 今年1番人気が見込まれるのは武豊騎手と北島三郎オーナーでお馴染みのキタサンブラック。しかし鞍上の武豊騎手はかつてディープインパクト、メイショウサムソンなど1番人気で敗退した「負の実績」がある。

 そしてもう一頭の人気馬サトノダイヤモンドは「最弱世代」ともいわれる3歳馬代表。同世代の3歳馬はジャパンカップで大敗した皐月賞馬ディーマジェスティを筆頭に他のレースでことごとく敗退しており、同世代のサトノダイヤモンドもその力を疑われているのだ。

baken1220-2.jpg
2億4000万円のディープインパクト産駒サトノダイヤモンド

 さらに昨年優勝のゴールドアクターは今年春の天皇賞12着、ジャパンカップ4着とG1レースで結果が出ておらず、3連勝の勢いで挑んだ昨年とはワケが違う。

 このように今年の有馬記念は実績上位3頭すべてに不安要素があり、過去最大級の大波乱、まさかの“100万馬券”が飛び出してもおかしくない状況にあるのだ。

 馬券はプロ馬券師であっても競馬初心者であっても条件は同じ。当たる馬券を買ってさえいれば、立場や経験に関係なく多額の払い戻しを得ることができる。初心者はビギナーズラックでまさかの的中を得ることがあるかもしれないが、それは長く続かないもの。しかし確固たる的中への「根拠」さえ持っていれば、馬券の勝ち組になることは決して難しくはない。

 長年競馬を取材してきた結論から言えば、その「根拠」とは「情報」以外にはあり得ない。競馬に限らず経済も株も政治も「正確な情報の有無」が勝者と敗者、成功と失敗を分ける。この原則は競馬ではより重要な要素となり、それを知る者が利益を独占しているといっても過言ではない。

 2005年の有馬記念、1番人気で2着に敗退したディープインパクトは後に「風邪を引いて体調を崩していた」と聞いた。しかしそれは一部の関係者だけが知り、マスコミも競馬ファンも知ることはできなかった。もしその事実が世に広まっていれば数百万人の競馬ファンは馬券を外すことなく、悔しい思いをしなかったことだろう。

 そこで競馬に関する様々な「情報」を把握する、業界最強と噂される競馬情報会社ホースメン会議とコンタクトを取ることができた。有馬記念の最新情報や競馬情報の真実などそのインタビューは盛りだくさん。一部公にできない情報があったのは残念だが、それでも注目の事実に目から鱗が落ちたほど。競馬情報とは何なのか?有馬記念は何が起こるのか? その答えがここにある。


■情報が集まるのは理由がある

――ホースメン会議と一般の競馬マスコミの違いを教えてください。

ホースメン会議担当者 当社は創業35年で築きあげた業界最大級の情報網を持ち、公にはならない「本物の関係者情報」を入手しております。各方面から入手した情報に、署名な競馬評論家能勢俊介や、大手スポーツ紙の記者堀内泰夫、有馬記念など多くのG1レースを勝っている元JRA騎手東信二などが、多角的な分析を施し、高確率で利益に繋がる為の情報および予想を競馬ファンに提供しています。

baken1220-3.jpg
ホースメン会議の予想選定会議

 マスコミやネット上に載っている情報は一般ファンの方々でも得られる初歩的な情報ですが、当社が入手する情報は一部の関係者しか入手できない本物の関係者情報ですので、スポーツ紙や他の予想とは情報精度の高さが違うと自負しております。

 この情報の比較は関東のトップ厩舎である堀厩舎が管理馬2頭を出走させた札幌記念がいい例でしょう。

 このレースはほとんどのメディアがモーリスを断然1強と評価していました。しかし当社が入手していた関係者情報は「モーリスを負かすのは同じ厩舎のネオリアリズムしかいない」との話。当社予想陣も全員一致でモーリスではなく5番人気ネオリアリズムを自信の本命に指定。この時のマスコミの評価は

「鞍上も香港トップジョッキーのモレイラで折り合いの不安もないし距離も大丈夫。天皇賞(秋)に向けて負けられない」

 でしたが当社は

「モーリスも悪くないが、モーリスを負かせるのはネオリアリズムだけ。敵は身内にいる」

 と断言、レースは1着ネオリアリズム、2着モーリス、3着レインボーラインの決着で馬連1点目1330円、3連複3380円、3連単2万2060円のパーフェクト的中を達成しました。

 このようにマスコミが公開する情報と、ごく一部の関係者しか入手できない裏情報に大きな差があるのは明白。その結果当社が入手する関係者情報と業界最強の分析力を誇る当社予想陣が公開する勝負買い目は、高確率で馬券になっております。


――過去の有馬記念や重賞の的中実績はいかがですか?

ホースメン会議担当者 有馬記念では一昨年の1万5250円的中があり、ここ3年で3戦2勝の成績を残しております。今年の重賞レースでも秋華賞(9万5520円)を筆頭に、クイーンステークス(6万230円)、小倉2歳ステークス(5万7690円)、目黒記念(4万7830円)、関屋記念(3万4040円)、札幌記念(2万2060円)といった万馬券など、13週連続的中の実績を残しております。


――有馬記念にむけて意気込みを教えてください。

ホースメン会議担当者 ファン投票1位のキタサンブラックが人気の中心となりそうですが、昨年の覇者ゴールドアクター、昨年2着のサウンズオブアース、シュヴァルグラン、菊花賞馬サトノダイヤモンド、昨年の牝馬クラシック2冠馬ミッキークイーン、宝塚記念の勝ち馬マリアライトなどが虎視眈々と勝利を狙っています。

 古馬の王道ローテーションは天皇賞(秋)からジャパンカップ、有馬記念となりますが、いかに余力を残して有馬記念に挑めるかがポイントになるでしょう。ここまで目一杯の勝負をした馬には3戦目となる有馬記念では余力もなく、人気を背負って凡走するケースも少なくありません。

 業界最強の情報網と本物の分析力がある当社では、早くから「今年の有馬記念はこの馬で大丈夫」との勝負馬を把握。さらに人気にならないであろう、とある厩舎の勝負情報も入手済です。有馬記念は公にはならない関係者情報と、本物の分析力を持つプロ集団が揃う当社の予想にお任せください。

baken1220-4.jpg
マスコミでは不可能な情報も独占入手

――有馬記念の特別なサービスはありますか?

ホースメン会議担当者 一年の締めくくりとなる今週は、当社の実力を知っていただく絶好のチャンス。そこで特別な無料キャンペーンを実地します。

 当社の情報を初めてご利用になる方に、我々が持つ情報の『絶対的な自信』を証明する為に【有馬記念の買い目(3連複10点)】を無料公開します。

 また、G1スペシャル分析【全頭徹底分析】および【最終追い切り報告】など当社予想陣が入手した関係情報や調教班がジャッジした追い切り評価など、G1予想には欠かせない大好評の人気コンテンツも無料で公開します。

 しかも、もし無料公開の有馬記念が的中できなければ、7割以上当たって万馬券も獲れると大好評の当社予想家が厳選する【1日1鞍の渾身予想】を、4週間無料で提供いたします。

 有馬記念で初めて馬券を買ってみたいと考える方には、ぜひこの情報を利用していただきたいですね。競馬の醍醐味も情報の真実もすべて知ることができると思いますよ。


――貴重な話をありがとうございました。有馬記念当日が楽しみです。

 この記事が掲載される頃には有馬記念の出走馬が確定し、日本中で有馬記念の検討会、そしてニュースが飛び交っていることだろう。

 しかしうわべだけの情報に騙されてはいけない。マスコミが作り出す人気は必ずしも馬券に直結するわけではないのだ。やはり競馬関係者と家族同然に過ごしてきたホースメン会議の面々だけが知る有馬記念の真実こそが、この混戦レースを的中させる最大の「根拠」となるであろう。

 今年の競馬も有馬記念で一段落となるが、2017年も1月5日から「金杯」が始まる。ホースメン会議の無料情報で有馬記念を的中させ、すがすがしい気持ちで新年最初の大一番を迎えたいものだ。

無料情報はこちらから→有馬記念3連複

※本稿はPR記事です。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年12月22日 14:48 | 返信

タイトルにPR等の広告である事の表示が必要ではないでしょうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。