• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 女性の社会進出と活躍が目覚ましい現代。日本でも“一億総活躍社会”の実現を目指して、さまざまな政策が打ち出されている。しかし、現代よりもはるか昔、男性を上回る圧倒的活躍で人々を驚かせた女性たちも多数存在するのだ。今回は、彼女たちの中でも特に“最強すぎる女戦士たち”を5人、厳選して紹介しよう。


■呂母(りょぼ)

1612_FemaleFighter_1.jpg
画像は、「REBEL WOMEN EMBROIDERY」より

 紀元1世紀、中国には「呂母」と呼ばれる絶大な影響力をもつ女性がいた。彼女はワイン商人を営む裕福な家庭の生まれで、地元の百姓からの信頼を得ることにも長けていた。彼女は息子の“呂育”が些細な罪で殺されたことに悲しみ、時の支配者に対する復讐を決意するのであった。

 呂母は60歳になった時、村の若者、ならず者など数百名を従えて反乱を起こす。息子を死に追いやった人物たちは、目の前で呂母に慈悲を請うも彼女は容赦なく殺害。そして、息子の命を奪った県宰に復讐を果たすのであった。その後、呂母は亡くなってしまうのだが、彼女の支持者たちは組織を解散することはなかった。これが、その後の歴史に名を残す農民反乱軍“赤眉軍”の始まりとなったのだ。


■ロドグネ

1612_FemaleFighter_2.jpg
画像は、「CO-GEEKING」より

 紀元前2世紀ごろ、カスピ海南東部に存在していたというパルティア王国の姫「ロドグネ」は、反乱に立ち向かった女戦士だ。彼女が地元部族の反乱に気づいたのは、ちょうど入浴中の時。そのため、反乱分子を退けるまでは髪の毛を洗わないと固く誓ったロドグネ。

 その後、長く続いた戦いの末にようやく勝利を飾ったが、彼女は真っ先に髪の毛を洗ったそうだ。建てられた彼女の銅像の髪の毛は、彼女を称えるため乱れたままだという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。