>  >  > 太陽付近に超巨大“キューブ型”UFO出現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 12月22日、太陽付近における異常現象を多数紹介しているYouTubeチャンネル「UFONEARSUN - myunhauzen74」が衝撃的なUFO動画を公開した。太陽表面に密着しそうなほど近づいた状態で発見されたのは、巨大なキューブ型UFO。なんとその大きさは、地球と同程度か、それ以上だというのだ……。

 太陽付近では、ここのところ頻繁にUFOが目撃されている。その理由を説明するものとして、「太陽から吹き出す極めて高温な粒子“プラズマ”をエネルギーに変換しているのではないか」という新説まで登場しているのだが、これほど巨大なUFOは極めて珍しい。果たして、これは本物なのか。そして、本物だとしたら太陽周辺で一体何が起こっているというのか。それでは早速、問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より引用
Cube_near_the_Sun1201.jpg
画像は「YouTube」より引用

 いかがだろうか。赤外線写真と思しき画像、その太陽表面付近に、漆黒の正方形がはっきりと映り込んでいるではないか!? そして、驚くべきはその大きさだ。太陽の直径が地球の約109倍であることを考えると、かなり巨大であることが推測できる。正方形といったが、じっくり見ると各辺は直線ではなく、一定の間隔で鋸の刃のようにギザギザしているようだ。その様は、一部のネットユーザーに“あれ”を連想させている。

Cube_near_the_Sun1202.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用


■「ボーグ・キューブ」の超巨大版……!?

 そう、この巨大キューブ型UFOは、海外ドラマ『スタートレック』シリーズに登場する宇宙艦「ボーグ・キューブ」に酷似しているのだ。「ボーグ・キューブ」とは、たった1隻で1つの文明を滅ぼすことが可能な攻撃力を備えている、黒い立方体状の宇宙艦。その一辺は2kmとされているが、今回発見されたキューブ型UFOは、地球と同程度の大きさと見積もられているのだ。もちろん「ボーグ・キューブ」はSF上の存在なのだが、とてつもない破壊力を秘めていそうな巨体に、スタートレック・ファンならずとも脅威を感じることだろう。

 ただ、やはり気になるのはこの画像の真偽だ。掲載元のYouTube動画からは、問題の画像の出所が明らかにされていないのだ。機材トラブルによりバグが生じたとも、人為的に書き加えられたとも疑うことができるかもしれない。トカナではお馴染みの世界的なUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、今回もUFOに間違いないと見ているようだが、その意見を見てみよう。

コメント

2:匿名2017年1月 1日 18:58 | 返信

ギザギザはただのジャギーですし…その角度で周辺ごと画像回転させた痕跡も有りますし…

1:匿名2016年12月31日 19:12 | 返信

撮像センサーの画素欠けってオチとか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。