>  >  > 奇習! 身よりなき少女を犯す鬼畜男たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ThinkstockPhotos-469739616 (1).jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 高知県某所

 1982年に公開された五社英雄監督の映画『鬼龍院花子の生涯』では、侠客一門を従える政五郎(仲代達矢)のもとに、ヒロイン・松子(夏目雅子/仙道敦子)が引き取られたことで、あまりに数奇な人生を送っていくさまが描かれているが、この映画の中では、美しい大人の女性へと成長した松子が、養父である政五郎に無理やり犯されるという衝撃的なシーンが登場する。しかし、かつての日本においては、この「養父に養女が犯される」という信じがたい現象が、さも当たり前のこととして行われている時代があった。


「そうだねえ…いろんな子たちがいたけれども、誰一人として、しあわせな人生を送れた子はいなかったんじゃないかねえ」


かつて自らが幼少期を過ごした地域で行われていたという「もらい子犯し」の蛮行について証言してくれたのは、くしくも、前出の映画『鬼龍院花子の生涯』の舞台にもなった高知県某所で今なお暮らしているという吉良満男さん(仮名・80)。吉良さんの話によると、彼がまだ子供だった終戦後間もない動乱期の高知の一部地域では、女衒のような人買い稼業の手合いによって全国各地から集められた身寄りのない少女たちが、毎日のようにセリへとかけられ、多くのやくざ者や色事を生業とする男たちに引き取られていったという。


「もともとセリに参加するのはヤクザ者ばかりでね。そうなると、そのセリにかけられた時点で、その子らは十中八九、地獄行きなわけよ。でもそれがたとえわかってたとしたって、そもそもが身寄りのないような子ばかりだからね、戻る場所なんかなかったんだよ」


 その全盛期には、週に1、2回ものペースで「セリ」が行われ、毎回毎回、少なくとも十人近くの少女たちに値段がつけられていったのだという。しかし、当時、「養父」として彼女たちを引き取る男たちの多くは、正妻、妾に次ぐ「将来の愛人」にすることを目的としたり、成長するまで待たずにそのまま“即戦力”として、彼女たちを「未成熟な性奴隷」とすることを目的として、彼女たちを入札していったのだ。そのため、彼女たちに待ち受けていたのは、あまりに過酷な毎日だった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。