>  >  > 【閲覧注意】 “おもちゃ箱の殺人鬼”の60人拷問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 1996年7月26日、ニューメキシコ州トゥルース・オア・コンシクエンシーズの警察に「24時間以上妻と連絡がとれず心配している」という行方不明届けが入った。女性の名はキャリー・ギャレット、22歳。夫婦喧嘩をして家を飛び出してから全く連絡がつかなくなってしまったというのだ。警察は「成人だし、まだ24時間しか経ってないし」となだめ、広大な砂漠の中にあるこの小さな町から人が出て行くことはよくあることだとも伝えたのだが――。

■トゥルース・オア・コンシクエンシーズの悪夢:キャリー

truthor.jpg
画像は、YouTubeより

 トゥルース・オア・コンシクエンシーズ(真実、もしくは結果)という変わった名前のこの町の近くにはエレファント・ビュッテ湖という人造湖があり、砂漠の中の温泉地でもあることからホリデーシーズンは観光客が訪れることが多い。そして、新しく人生をやり直したい“黒い過去”を持つ人が住み着く地でもある。人口は6500人以下と少なく、DVや殺人事件は起こるが派手な事件はない。キャリーはそのうち帰ってくるか、他の地に行ったのか、どちらかだろうと警察は予想していた。

kellygarette.jpg
キャリーYouTubeより

 その翌々日、キャリーは無事に発見された。エレファント・ビュッテ湖のほとりをふらふら歩いているところを目撃したという初老男性に保護されたのだ。キャリーの記憶はとぎれとぎれだった。夫婦喧嘩をして友達の家に行き、みんなでビリヤードをしようとバーをはしごし、最後に町外れの「ブルー・ウォーター」というバーでジェシー・レイと飲んだ。ジェシーは3、4年来の知り合いでビリヤードを楽しむ仲。信頼していたという。

 飲み物を飲みながら談話していたキャリーだが突然目が回り出し、ジェシーに友人宅まで送って欲しいと頼んだ。しかし、それ以降の記憶がない。意識が戻った時には体中に傷やあざがあり痛みがあった。性的暴行されたのだろうとも思った。保護してくれたエレファント・ビュッテ湖公園の従業員はまずキャリーを自宅に送ったのだが、腹を立てていた夫が激怒したためキャリーは友人宅へ身を寄せた。

 そして日が経つにつれ、ナイフを首に当てられたり、ガムテープを貼られたり、抵抗したり…という記憶が細切れに戻ってきたが、一つには繋がらず、自分の身に何が起きたのか確信が持てない。ジェシーが何か知っているかもと期待したが、ジェシーはバーの飲み友達であるため、連絡先を知らない。こんな曖昧な記憶で警察に行っても相手にされないだろうと悲観したキャリーは、町を去り人生をやり直そうと決意。トゥルース・オア・コンシクエンシーズから、コロラド州に移住した。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?