>  >  > ドラッグなしでハイになる20の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ドラッグ

,

仲田しんじ

,

催眠

,

幻覚

,

瞑想

,

薬物

 大麻や危険ドラッグ、そして覚醒剤の話題が絶えない昨今だが、薬物を使わず“ハイ”になれる手段は、実は意外に多いという。生活情報サイト「All Day」が、薬物を使わず“ナチュラルに”ハイになれる20の方法を紹介している。


■薬物なしでハイになる20の方法!

 ドラッグフリーでトリップ体験を可能にする方法は思っているよりも多い。以下が代表的な20の方法だ。

●睡眠不足
 徹夜明けで、そのまま通常通りに学業や仕事をしたことがあるならご存知の通り、眠らずにいると普段とは若干異なる意識状態になる。不安や恐怖を感じ難くなり“ハイ”になることもあるが、それだけ認知機能も低下している。

●瞑想

highwithoutdrugs1.JPG
All Day」の記事より

 瞑想によって静かな多幸感を味わうことができる。また瞑想に習熟することで、さらに深いトリップも味わえる。睡眠不足に比べれば認知機能が衰えないアドバンテージもあり、かなりお勧めできる。

●バイノーラルビート(Binaural Beat)
 きわめて近い周波数の2つの音を、ヘッドホンなどで左右の耳から同時に聴くことで、脳がその差を埋めようとして現実には存在しない「第3の音」を脳内に響かせる。この第3の音こそがバイノーラルビートである。バイノーラルビートには、精神を安定させる効果やクリエイティビティの向上、催眠効果もあるとされ、さらに“ハイ”にもなれる。ちなみにYouTubeでバイノーラルビート(バイノウラルビート)と検索すると、音源をいくつも見つけることができる。

●フラフープ

highwithoutdrugs2.JPG
All Day」の記事より

 1950年代終盤にアメリカと日本で大流行したフラフープだが、ブーム終了後も健康と美容を目的に根強い人気を保っている。そしてフラフープは精神面にも作用し、(やりすぎには危険が伴うが)一時的なトリップ感覚を得られるという。

●ヨガ(クンダリーニヨガ)
 最も完成度の高いヨガといわれているクンダリーニヨガは、独自の呼吸法と集中法を駆使して行なうため、身体だけでなくメンタル面にもポジティブな影響を及ぼす。心配事や思い込みを取り除き、エネルギーが満ちてくることで“ハイ”になれるということだ。

●入眠誘導
 眠りに落ちる寸前の状態はとても気持ちが良く、ある意味で“ハイ”な意識状態である。訓練によってこの入眠直前の状態を長く保つことができるという。習得できればストレス知らずの生活が送れそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。