>  >  > 女性への怒りが爆発して23人射殺! 事件の闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
LubysMassacre.jpg
事件発生直後の現場 画像は「DAILY NEWS」より引用

 アメリカで10月16日は「ボスの日」と呼ばれ、普段世話になっている上司に部下が贈り物をしたり、食事に招待するという習慣がある。1991年10月16日の昼、テキサス州キーリンのレストラン「ルビーズ・カフェテリア」は、まさに「ボスの日」を祝う150人もの客で賑わっていた。しかし12時40分、その「ルビーズ・カフェテリア」のガラス窓に、ライトブルー色のフォードのピックアップトラックがいきなり突っ込んでくる。お祭りムードでランチを楽しんでいた客たちは、「アクセルとブレーキの踏み間違い事故か」と驚きながらも、車の運転手を助けるために駆け寄った者もいた。しかし、これは事故ではなかったのだ――。


■この上なく冷酷な乱射男

 事故車の運転手は、「報復の時がきたぞ、ベル郡よ! ぞんぶんに楽しんでおくれ!」と叫ぶとともに、車を降りながら「これはベル郡がオレにしたことの報いだ!」「キーリンとベルトンに住む女はみんな毒蛇だ!」とうめくように言い放ち、銃を乱射し始めたのだ。

LubysMassacre_2.jpg
事件発生直後の現場 画像は「The blog killers love!」より引用

 阿鼻叫喚となるレストランで淡々と客に向かって銃をぶっ放した男は、10分あまりもの短い時間に23人を殺害、20人を負傷させた。亡くなった23人のうち、14人は女性だった。目撃者によると、男は歯を食いしばり、憎悪と喜びが入り交じったような異様な表情で銃を乱射していたとのこと。絶命していない瀕死の被害者には、わざわざとどめを刺すなど、この上なく冷酷だったという。

 やがて男は、駆けつけた警察と銃撃戦を繰り広げた。そして、4発被弾したところでレストランのトイレへと逃げ込み、残っていた1発で自殺した。この銃乱射事件は「ルビーズ銃乱射事件」と呼ばれ、全米を震撼させた。犯人は、35歳の「見た目はごく普通の男」、ジョージ・ヘナードという人物だった。


■無差別乱射男の幼少期とは?

LubysMassacre_3.jpg
ジョージ・ヘナード
画像は「Murderpedia」より引用

 ジョージは、1956年10月15日にペンシルベニア州セーヤーで生まれ、主に同州ベルトンで育った。父親は軍の病院で働く腕の良い整形外科医で、国内外の軍病院を転々としたため、一家は移動することも多く、落ち着かない環境だった。子ども時代は大人しく手がかからなかったため、両親はジョージの気持ちを考えたり、意見を尊重することがなかった。やがて思春期になると、ジョージは父と対立したり、子どもを自分の言いなりにして押さえつけようとする母親と口論することが多くなった。しかし実は、ジョージは物心つく頃から母親のことを強く嫌っており、思春期になってその気持ちを爆発させただけだった。高校時代の彼は暗く、少ない友達に対しても母親の恨みつらみばかり語ろうとするため、嫌厭されていたという。もちろん、そんな彼にガールフレンドができるはずもなく、とても孤独だったと伝えられている。

Death on Base: The Fort Hood Massacre

Death on Base: The Fort Hood Massacre

事件に迫るノンフィクション

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?