>  >  > コミュ障ニートがブチ切れ、99人を射殺!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

ハローワーク

,

射殺

,

掃除機

,

移民

,

英語

,

警察

Jiverly_02.jpg
ジベリー・ウォン 画像は「The New York Times」より引用

■「無分別な暴力」は、ある日突然に……

 2009年4月3日、米ニューヨーク州郊外のブルーム群ビンガムトンにある移民支援センターで、男が銃が乱射。13人を殺害し、4人に重軽傷を負わせるという事件が発生した。

 防犯チョッキと緑色のナイロン製のジャケットを着用し、黒縁眼鏡をかけた犯人の男は、センターの裏門を乗っていた車でバリケードし、正門からセンターに入ると無言で受付職員2人に向かって発砲。1人は頭を撃たれて即死。もう1人は腹部を撃ち抜かれたが、死んだふりをしたために命拾いし、すぐに警察に通報した。

Jiverly_08.jpg
塞がれた移民支援センターの裏口
画像は「Murderpedia」より引用

 犯人の男は迷うことなくセンター内のESL(語学クラス)教室に進むと、そこで銃を乱射。教室内にいた全員が被弾し、うち12人が死亡、3人が負傷した。警察が到着すると、男は拳銃で自殺。男は拳銃を2丁持っており、ベルトには狩猟用ナイフ、首には弾薬が巻かれていた。拳銃は登録届けが出されていたもので、数分足らずのうちに99発もの銃弾を発砲していたことが警察の調査で判明した。

 オバマ大統領が「無分別な暴力」と強く非難した、このビンガムトン銃乱射事件を起こした男の名はジベリー・ウォン。ベトナムからの難民だった。なぜ、彼は自分と同じ立場にある移民やその支援者を13人も殺害するという凶行に及んだのだろうか。


■アメリカに馴染めなかった男、次第に変貌を遂げる

Jiverly_01.jpg
ジベリーと家族 画像は「Murderpedia」より引用

 1967年12月8日、ベトナム華僑の両親のもと4人兄妹の次男として誕生したジベリー。1990年7月、22歳の時に家族で難民としてアメリカに移り住んだ。父親は南ベトナム軍に属し、アメリカ軍と共に戦った経験があり、一家はアメリカに対して良い印象を持っていた。移住後、一家はビンガムトン地区に住居を構えた。父親は仏教徒だったが、ベトナム人向けのバプテスト教会で移民のために必要な書類を揃えたり、翻訳や通訳をするボランティア活動を積極的に行い、地区のベトナム人コミュニティで尊敬される存在となっていった。

 父親だけでなく家族も地域に溶け込み、充実した新生活を送っていたが、ジベリーだけはなかなか馴染めずにいた。場所を変えれば状況も変わるかもしれないと思った彼は、1年後に単身で南カリフォルニアへ移住する。温暖な気候、かつアジア系人口の多さが南カリフォルニアを選ぶ決め手になったという。しかし、その直後、ジベリーはさまざまな法的問題を起こすようになり、1991年8月に逮捕される。詳細は非公開となっているが、これが彼にとってアメリカにおける最初の逮捕となり、翌年は小切手の不渡りで逮捕されるなど数々のトラブルを起こしている。記録によると、銃撃事件を起こすまでに(比較的軽い犯罪で)少なくとも5回逮捕されたと伝えられている。

関連キーワード

コメント

5:匿名2017年5月27日 10:56 | 返信

時給1000円って低所得なの?
周り見ると、時給1000円以下とかけっこうあるけど・・・
田舎だから生活できるのか?

4:匿名2017年1月23日 01:20 | 返信

今 日本語学校はベトナム人だらけ
ただでさえ仲間内のトラブルで事件起こしてるのに…

オーバーステイや バイトをクビになったときに 
誰でもいいから殺る!とヤケクソ殺人なんかおこされたら困るな~

3:HIKAWA高齢契約派遣ゴミクズじーさん2017年1月22日 07:09 | 返信

サイコパスは監視が必要

2:匿名2017年1月22日 07:00 | 返信

時給1000円だと生活的に多分何もできなかったはず。非正規雇用や慣れない地域での生活 日本でもアメリカでもそうなると死にたくなるレベル。
騒音出して近隣住民にストレスを与える高齢系非正規雇用の派遣の寮住みと日本でもうじゃうじゃいます

1:匿名2017年1月22日 06:05 | 返信

タイトルの人数間違えてません?
別人が書いた記事なのか…
どうやったら間違うのか不思議

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?