>  >  > NASAが「火星で体育座りをする人」を再び激写!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 1枚のNASA火星画像に複数の生物が写り込んでいることが先月29日に分かりUFOコミュニティがにわかに沸き立っている。それもそのはず、なんと「体育座りをする人物」、「クモザル」、「カタツムリ」が激写されたというのだ!

 画像の発見者である世界的なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏によると、問題の画像は火星探査機「キュリオシティ」によって撮影された正真正銘のNASA公式画像だという。オリジナル画像は、パノラマ画像公開サイト「GigaPan」で確認することができるが、この中から生物を特定することは困難を極めるため、ウェアリング氏がブログで取り上げた拡大画像を見ることとしよう。

spidermonkey_01.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 なんと、体育座りをした人物(?)がハッキリと写っているではないか! 頭、胴体、腕、脚など人体のパーツが全てそろっている……。信じがたい光景だが、その姿はまるで日向ぼっこでもしているかのようだ。

 ここでお気づきの読者もいるかもしれないが、2015年にも体育座りをする人物が撮影されていた。見比べてみれば、両者の類似は一目瞭然だろう。

spidermonley_05.JPG
2015年に撮影された「火星で体育座りをする人物」「YouTube」より引用

 何の変哲もない火星の砂漠に体育座りする姿はなんともシュールだが、彼らにとって “体育座り”は伝統的な座り方なのだろうか……? その文化的背景は全く見当もつかないが、体育座りという特殊な座り方をした人物が2度も撮影された今、火星に人間の形をした生物が存在する可能性は極めて高いと言って差し支えないだろう。

コメント

1:匿名2017年1月 5日 09:01 | 返信

無理矢理にも、程があるってもんだろ。
これが、科学者とか権威のある人の言葉なら、
即刻お辞めになられたほうが良い。
小生も、UFO関係は大好きだが気は確かな方だ。
恥というものを、知ったほうが良い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。