>  >  > 1月8日、全惑星が順行する「APDM」が起きる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

APDM

,

全惑星順行

,

太陽系

,

幸福

,

瞑想

APDM_01.jpg
画像は「The Mind Unleashed」より引用

 太陽系惑星の動きが地球に影響を及ぼしている可能性は科学者からも予言者からもたびたび指摘されてきた。代表的なものとしては、オランダ人の地震予測家フランク・フッガービーツが提唱する「惑星直列」(太陽系に属する複数の惑星が太陽に向かって一直線に並ぶ現象)が有名だ。惑星直列では、直列した惑星の統合された重力により地震や火山噴火などの天変地異を起こす不吉な星の並びだと言われているが、今回ご紹介する「全惑星順行(APDM)」は幸運をもたらす吉兆であるという。

APDM_04.jpg
2003年における地球から見た火星の逆行現象「Wikipedia」より引用

 ここで少し用語の解説をしておこう。まず、“惑星の順行”とは、地球から天体を見たとき、惑星が太陽と同じく西から東へ向って運行しているように見えることを指す。反対は“逆行”と呼ばれ、惑星が天球上を東から西へ動いて見えることを指す。惑星そのものが行ったり来たりしているわけではないが、どちらも地球から見ると、惑星がまるで行ったり来たりして彷徨っているように見えることから考案された天文学用語である。太陽系の惑星は順行と逆行を繰り返しているため、古代ギリシアの天文学者は惑星の奇妙な動きを指して「プラネテス(彷徨う者)」と名付け、惑星を意味する英語「planet」の語源になった。そして、これら宇宙を彷徨う惑星が全て順行する期間がAPDMである。

 では、この期間に一体なにが起こるというのだろうか? 占星術師ステファニー・ウェーブ・フォレスト氏によると、APDM期間中、人々は類稀な幸運と素晴らしい機会に遭遇するという。たとえば、結婚のプロポーズや新しい事業の開始に最適な時期である上、惑星のエネルギーが増すため運動効果も高まるという。

APDM_03.jpg
ステファニー・ウェーブ・フォレスト氏「APDM」より引用

「この瞬間、地球からの視点では、まるで宇宙を流れる川のように、全ての太陽系惑星が同一方向に運行します。太陽や地球の視点から見ると、APDMは無限の宇宙を横切る有機的・全体的・同期的・同調的なグループとなるのです」(フォレスト氏)

 さらにAPDMの恩恵を最大限引き出すための潜在的な力は、日々の瞑想によって世界中の人々に余すところなくもたらされるという。そして、より多くの人々が午後1時(山岳部標準時)から1日30分同時に瞑想することで、APDMの効果も倍増するという。

関連キーワード

APDM

コメント

3:匿名2017年1月12日 17:14 | 返信

幸運舞い降りた人っています?

2:匿名2017年1月 5日 15:39 | 返信

スーパームーンの時は、過去に前後してこういう地震が発生したとか、良くないことが起こったと、ちゃんとデータ解析していたね。
でも、今回は何の根拠もなく良いよと言っているだけ。
こんな素人記事が一番つまらない。

1:匿名2017年1月 5日 13:55 | 返信

惑星が直列したって太陽に影響を与えるほどのことは起きない。同じ方向に運行しているってのも見た目が綺麗なだけ。淡々と万有引力の法則に則っているだけ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。