>  >  > 2017年版「ノストラダムスの5大予言」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 年が明けて2017年に突入――。昨年も各方面で重大な局面を迎えた世界情勢であるが、その中でも特筆すべきはドナルド・トランプが米次期大統領に選ばれたことだろう。有識者らはじめ、多くの予想を裏切る展開となった大統領選であったが、過去にひとり、トランプの勝利を告げていた人物がいた。そう、16世紀フランスの大予言者・ノストラダムスである。


■ノストラダムスの2017年予言ベスト5

 ヒトラーの台頭や9.11なども予言していたというノストラダムスの詩集の中には今年、2017年を暗示していると思われる気になる記述がある。果たしてどんな内容なのか、ノストラダムスの2017年予言を紹介してみよう。


5. 第三の反キリスト者の出現

「反キリスト者」は、世界が終わる前に現れると考えられており、1人目はナポレオン、2人目はヒトラーといわれている。

 ノストラダムスは2016年に3人目が出現することを告げているが、この人物が今年に第三次世界大戦への引き金を引くと予想しているのだ。核や細菌・生物兵器を用いた破壊的な戦争(しかも予言では27年間にわたる長期間)を勃発させてしまうのは果たしてトランプなのか!? ロシアの動向も気になるところだ。

2017nostradamus1.JPG
画像は「YouTube」より

 ただ一方で、この予言は、実は中国を指すとの指摘もあり、中国が他のイスラム諸国と同盟を組んでキリスト教を信じる国を破壊する、という解釈もあるようである。


4. イタリアの金融危機

 スペインやギリシャに続き、昨年より酷い金融危機に陥っているイタリア。ノストラダムスはこのイタリアが今後のEU経済に壊滅的なダメージを与える震源地だと予想している。

2017nostradamus2.JPG
画像は「YouTube」より

 あまり知られていないかもしれないが現時点でイタリアの銀行業は破綻寸前であり、銀行ローンの18%がすでに不履行となっている。将来的には状況はさらに悪化の一途をたどり、経済を回復させるためにはEU全体を巻き込んだ多くの人々の犠牲が必要となるだろう。


3. 北朝鮮と韓国が統合

 まさかの予言だが、もしもこの予言が当たるのであれば、北朝鮮の最高指導者である金正恩は退位させられた上、国を追われてロシアへ亡命保護を求めるのではないかという意味に捉えられているようである。

2017nostradamus3.JPG
画像は「YouTube」より

 金正恩が亡き父の後、2011年に政権を握ってから近親者を含む側近の処刑や、対アメリカに向けた核兵器実験など、その権力を傍若無人に振舞っているのは世界中の知るところ。退位、そして統合となればこれもまさに歴史的であるが……。

コメント

5:匿名2017年1月10日 23:00 | 返信

占いはもう水晶たま子さんにお願いしてみてはどうかな

4:匿名2017年1月10日 07:41 | 返信

もう、ほっトカナあかんw

3:匿名2017年1月10日 01:07 | 返信


ほんトカナ?


2:匿名2017年1月 9日 17:26 | 返信

今更ノストラダムスの大予言ですか~
トカナの大予言の方が潔くて良いと思いますが…

1:匿名2017年1月 9日 16:23 | 返信

今年の予言、いくつ当たるかな。
3.は、韓国が北朝鮮に吸収合併の可能性はかねてから噂されているけどね。
ノストラダムスによると……はいいけど、ソースがどこにもないから、トカナのあてずっぽうの記事に思える。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。