>  > 大みそかに最高のコスパを誇る番組とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
0111kosttv_01.jpg
※イメージ画像:『紅白歌合戦の舞台裏 誰もが知りたい紅白の謎と歴史』

 毎年、年明けと同時に紅白歌合戦や裏番組の視聴率が話題になり、今回も第1部が35.1%、第2部が40.2%を獲得し、それらを合算の上割り出した数値を全体平均とみなせば、およそ38%となった『NHK紅白歌合戦』が断トツの1位に輝いた(視聴率はビデオリサーチ関東地区調べ/以下同様)。

 しかし、たしかに視聴率は高かったものの、紅白は製作費も莫大にかかっている。そのため、コストパフォーマンスがいいとは言い難い。今回は各番組の視聴率と製作費を比較し、最もコストパフォーマンスに優れた番組を決めていきたい。

 まず、昨年末の紅白の裏番組ランナナップと視聴率は以下のようになった。

■日本テレビ
 『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』(18時30分~24時30分)
 平均視聴率:16.9%(※全体平均/以下同)

■テレビ朝日
 『くりぃむVS林修! 年越しクイズサバイバー2016』(18時~25時)
 平均視聴率:6.2%

■TBS
 『史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016』(18時~23時35分)
 平均視聴率:5.6%

■テレビ東京
 『ウソのような本当の瞬間! 30秒後に絶対見られるTVスペシャル』 (19時~21時30分)
 平均視聴率:2.5%
 『ボクシング THE BEST OF BEST 大晦日2大世界戦』(21時30分~23時30分)
 平均視聴率:3.9%

■フジテレビ
 『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016』(18時~23時45分)
 平均視聴率:5.5%

 このような結果となったが、それぞれの番組の製作費も加えてみると違った見方ができる。

コメント

1:匿名2017年1月15日 11:58 | 返信

NHKの各番組、制作費がいったいいくらかかっているのかぜひ知りたいもんだわ
開示請求すれば良いのかな????

オープニングのCGだけで数千万かかっているとか聞いたことあるけど
連続大河ドラマとかだったらいったいいくらかかるんでしょうね

そこまでのクオリティ果たして国民が求めているのでしょうか?
なんで、国民の金で作った物を金を払ってビデオオンデマンドで
観なければならないんだろう? 無料にしろよとか 思います。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。