>  >  > 10月に惑星「ニビル」が地球直撃→人類滅亡へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 数百年、あるいは数千年に一度のスパンで太陽に近づいてくるという謎の惑星・Planet X、またの名を「ニビル」――。そのニビルの太陽への最接近が今年10月に控えているという。太陽系に姿を現すだけではない。太陽系の星々をかすめ、最悪の場合は地球に衝突するというのだ。


■10月にニビルを含む7つの軌道周回惑星が太陽系に侵入

worldendinoctober1.JPG
デイビッド・ミード著『Planet X - The 2017 Arrival』 画像は「Amazon」より

 今年、2017年10月にニビルを含む7つのミステリアスな軌道周回惑星が太陽系に侵入すると主張しているのは、昨年6月に著書『Planet X - The 2017 Arrival』を出版したデイビッド・ミード氏だ。

 ミード氏によれば、我々の太陽には双子の兄弟がいて、ニビルを含む一群の惑星は2つの太陽のどちらの引力にも影響されているため、まったく予測できない軌道を描いて我々の太陽系へ接近、侵入してくるということだ。そしてこれらの惑星の軌道は地球の南極に向かっていると伝えている。

 地球をはじめ、太陽系の星々にこれらの惑星が接近すれば、当然のことながら各惑星の重力と磁場が変動し大きな混乱を招く。地球に近づくことがあれば、地上では気象変動や隕石の大量落下に見舞われる可能性もある。それどころか、最悪の場合は惑星そのものが地球に衝突することも考えられるという。というよりもむしろミード氏は、ニビルが地球に衝突すると確信していると英紙「Daily Mail」は報じている。

Planet X - The 2017 Arrival

Planet X - The 2017 Arrival

今年10月にニビルが地球を直撃か!?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。