>  >  > 火星で完全なる球体発見! ビー玉か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
MARBLE_on_Mars0101.jpg
キュリオシティ。画像は「Wikipedia」より引用

 2012年に火星へと到着して以来、その地表を駆け巡り黙々と調査を続けるNASAの火星探査車、「キュリオシティ」。撮影された高精細な画像の数々は、我々に新たな発見をもたらしている。しかし、その画像の解釈を巡っては意見が分かれる事もしばしばだ。「文明を築くほど高度な知的生命体が、かつて火星に存在したことを示している」と一部の宇宙ファンは確信しているが、NASAはそれを頑なに認めない――という構図の論戦が頻発していることは、宇宙に関心のある読者ならばご存知だろう。

 そんな「キュリオシティ」が今回、またしても何やら物議を醸しそうな“ある物”を撮影したという! すでに、火星で2本のスプーンらしき物体が発見されていることをトカナでも報告しているが、今回発見された“ある物”も、火星人の暮らしぶりを伝える重要な品物であるようだ。英紙「Daily Mail」、「THE Sun」など複数の海外メディアが伝えている。

 火星人というとイメージが限定されてしまいがちだが、文化的な生活を営む家族を想像していただきたい。たいていの場合、親は家族を養うために仕事をしなければならないだろう。家で帰りを待つ子どもが退屈しないように親が遊び道具を与えるのは、時代と場所を超えて見られる光景だ。そして今回、火星で発見されたのは、なんとその遊び道具。地球でお馴染みの“ビー玉”だという!! 何はともあれ、問題の画像をご覧いただこう。

MARBLE_on_Mars0102.jpg
画像は「Daily Mail」より引用
MARBLE_on_Mars0103.jpg
画像は「Daily Mail」より引用


■色、形状、すべてが不自然すぎる……

 赤みを帯びた岩が散乱する火星の荒野に、ただ一つ、不自然にも青みがかった物体が確認できる。遠くからでも見分けられるほど存在感のあるこの物体を拡大してみると、完全な球体ではないか!? 周囲の岩と比べるまでもなく、不自然に異彩を放つこの物体。自然にできたとは、とても考えられないのだ……。

コメント

3:匿名2017年1月22日 23:37 | 返信

むしろ球状ってのは自然界では特別珍しい事では無いんですけどね。
特に生命体が関与していないからこそこういうものが残っているって考える方が自然ですよ。
水だって宇宙では真球になりますし、星や惑星も殆どまん丸でしょ。
ご存知の通り火星では地球上では考えられないレベルの砂嵐が起こるので、その勢いでごつごつした岩が転がされたり砂粒で削られたりってのが長期間に渡って起これば球状になっても不思議じゃありません。
勿論これも可能性の話ですが、知的生命体が単なる岩をまん丸に削ってその辺に放置してると考えるよりは余程信憑性は高い筈です。

2:匿名2017年1月16日 08:46 | 返信

その昔、伏見稲荷の『おもかる石』が盗まれて、いまだに発見されていない。
それが火星で発見されたぞ!
みたいな記事の方がいいと思う。

1:匿名2017年1月15日 21:53 | 返信

これが完全すぎる球体、真球に見えるとは……
記者はまだまだ未熟者だね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。