>  > 「嫌われすぎている芸人」を業界関係者が暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

芸人

,

芸能人

ThinkstockPhotos-516633808.jpg

 今や各テレビ番組にお笑い芸人の存在は欠かせない。笑わせるだけではなく、司会として番組を進行させ多くの出演者をまとめる能力も持っていることからバラエティーに限らず、あらゆる番組において大活躍している。

 しかし、実力の有無は別にして、現場で好かれている者もいれば嫌われている者もいるはずだ。今回はそんな芸人たちを徹底リサーチした。

「制作スタッフからすれば、面倒な芸人として嫌われているのは、キングコングの西野亮廣さんと品川庄司の品川祐さんですかね。このふたりは嫌われ者として世の中的にも知られているので目新しさはないかもしれませんが、業界では安定的に嫌われています」(テレビ番組制作スタッフ)

 たしかにベタな名前だが、安定して嫌われているというのもすごいいわれようだ。

 また、ほかの関係者からは意外な名前も聞くことができた。

「ここ最近、ココリコの遠藤章造さんは嫌われつつあります。彼は大のオンナ好きで番組スタッフも口説くんです。さらに先日は局の受付嬢を口説いたんですが、受付嬢は他社からの派遣なので会社と会社の話になるなどトラブル化してしまったため、今や各テレビ局で要注意人物になっています」(テレビ局関係者)

 女性好きが高じて嫌われるとは珍しいが、たしかに面倒なトラブルは誰もが御免だろう。

 また、SMAP解散騒動によって嫌われたのはあの大物芸人だ。

明石家さんまさんはこれまで大御所すぎて陰口もいえない相手でしたが、SMAP騒動で軽口を叩いたことをキッカケに陰口がたくさん聞かれるようになりました。特に近年のさんまさんはコントロールがきかなくなっていて、エンディングで発表する内容をオープニングで喋ってしまったり、スポンサーの都合で黙っていなければならないことを話してしまったりと、凡ミスが多かったんです。そんな愚痴があらゆるところで聞かれるようになり、嫌われているのを実感しますね」(番組制作会社スタッフ)

 大御所だからこそ関わるスタッフも大勢おり、いったん嫌われるとその影響も大きいのかもしれない。

 そして、逆に好かれている芸人にはあの人気MCの名があがった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。