>  >  > 家族で「内部被ばく検査」を受けたらヤバかった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
NaibuHibaku_07.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 東日本大震災の福島第一原子力発電所事故による放射線被ばくが問題となっているが、政府やマスコミが国民に実態を伝えないため、「内部被ばく」や「低線量被ばく」の恐怖はあまり知られていない。筆者は以前より、自分や家族がどれだけ内部被ばくしているかを知るためには、やはり検査を受ける必要があると考えていたところに、「我孫子内部被ばく検査センター」という施設が開設されたことを知った。しかも、比較的低料金で検査を受けられるというので、家族4人で行くことにした。結果として、極めて衝撃的な事実を知ることになったのだが――日本の放射能汚染、その知られざる実態についてお伝えしたい。

・ 前編 【実録】3.11以降、日本人全員が内部被ばくしている! 検査を受けてわかった衝撃的事実


■ついに筆者が検査を受ける!

NaibuHibaku_01.jpg
画像は「我孫子内部被ばく検査センター」より引用

 同センターの担当者、新納氏の説明が終わると、ついに検査が始まった。筆者は事前にセンターのウェブサイトを読み込み、「全国民が内部被ばくしている」旨を知っていたため、子ども2人の内部被ばくの可能性も含めて、それなりに覚悟して検査に臨んだ。

 まず、一人ひとりの情報を質問用紙に記入する。生年月日・身長・体重のほか、「よく汗をかく方ですか?」、「お風呂に長くつかる方ですか?」といった質問もある。その後、各自が個室に入り、PCを操作する新納氏の横で、アンチドザに座って検査を受ける。

 検査の間、会話をすることは自由だが、頭と背中を常に椅子の背に密着させる必要があった。4歳の息子と2歳の娘は、5分間じっとしてくれるか心配だったが、おもちゃなどを持たせて、なんとか測定を完了できた。家族が検査を受けている間、設立者の吉田氏もセンターに到着し、話を聞くことができた。


■果たして筆者の測定結果は!?

NaibuHibaku_05.jpg
検査を受ける筆者の娘 写真提供:百瀬直也

 さて、検査を無事に終えると、プリントされた家族4人の測定データをもとに新納氏が結果を説明してくれた。まず筆者のデータを見ると、セシウム137の値が「58.06Bq」とあり、これは「とても少ないです」という。セシウム134は「ND」(No Data)つまり「不検出」となった。これは、測定限界の最低値である50Bqよりも低かったことを示している。セシウム134については、家族4人とも不検出となった。放射性セシウムには137と134があるが、137は半減期が30年と長く、内部被ばくすると(半減期が2年である)134よりも長く体内にとどまることになるため、検査では重視される。

 筆者の場合、体重比でいうと、セシウム137は「1Bq/kg」とあり、体重1kgあたり1Bqの内部被ばくとなった。

 次に、妻の測定結果を見ると、セシウム137・134とも「不検出」で、これまでに検査を受けた人々の中では少数派のようだ。

 そして、4歳の息子のセシウム137は「46.64Bq」で、体重が少ないため1kgあたりでは1.86Bq/kg」と、父親より高い値を記録した。2歳の娘も「47.04Bq」で、同様に1kgあたりでは「2.6Bq/kg」となる。

コメント

4:山の神2017年10月10日 17:01 | 返信

無駄なお金を使ったなと思います
一度福島に行って、小学生や普通の主婦に教えて貰ったらいかがでしょう?
インチキ理論なんか、あっという間に論破されますよ♪

3:匿名2017年1月30日 09:31 | 返信

新納さんは完全に商売目的でやっているとしか思えません。
我孫子に落ち着く以前は、別の場所で間借りしながらやられていたようで、(まるで逃げている感じで当日に場所を急遽変更されたり、怪しかったです、、)そのとき行きましたが、
バックグラウンドのことや、どう考えても、正確な値はでないと思います。
私と子どもと主人と受けましたが、食べ物を気にしている私と子どもだけ高い値が出て、
高価なサプリメントを勧められました。玄米食も勧められましたが、糠に放射性物質がたまるのに、、放射能の知識はほとんどないと感じました。汚染地から出ることも別に効果がないと。
とどまりたい方には精神的な安心は得られるかもしれません。金額も家族でそこそこかかり、がっかりして帰りました。

2:匿名2017年1月21日 03:27 | 返信

いまだにこういうデマをばらまく放射脳が生き残ってるってことに驚きだよ。いくらTOCANAでもこれはない。

WBCでCs137がざっくり60Bqだったなら、仮に一生涯濃度が下がらなかったとしても、実効線量係数が1.3E-8だから、線量率換算で0.78μSv/Dayにしかならん。バナナ1本の被曝量(0.1ミリシーベルト)の方が圧倒的に大きい。

もう5年ぐらい前にこの手の議論はすっかりやめたけど、まだこんな理解度の低いバカが居たなんて、絶望的な気分になってくる。

1:匿名2017年1月20日 17:56 | 返信

胡散臭いし、ステマ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。