>  >  > イブプロフェン配合薬で難聴に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_ibuprofen.jpg
よく耳にするイブプロフェンが危ない? shutterstock.com

 市販薬を購入する際、ドラッグストアに積まれた数多くの薬の中から、どれを買ったらいいのか迷う、という人は多いだろう。

 知名度、値段、売れ筋、薬剤師のオススメ度、「〇〇配合」という効きそうな謳い文句……。さまざまな購入動機は挙げられるが、副作用やリスク情報まで心得て服用している人は少ないかもしれない。

 厚生労働省が改訂指示を出す薬の安全情報は、年に500件近くに上るといわれている。使い慣れた市販薬でも、心得るべき新たな副作用やリスク情報が加わることもあるのだ。

 今回、『American Journal of Epidemiology』(12月14日付オンライン版)に、多くの人が耳にしたことがあろう成分「イブプロフェン」「アセトアミノフェン」のリスクについて最新の知見が報告された。

 イブプロフェンやアセトアミノフェン配合の市販薬(頭痛薬や風邪薬)を長期使用していると、一部の女性に関しては「難聴リスク」が高まる――。そんな可能性が、米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のGary Curhan氏らの分析結果から読み取れたという。

事前研究でも「難聴」傾向が…

 Curhan氏らが今回の分析研究に際して採用したのは、看護師健康調査(NHS)に協力参加した女性層(48~73歳)のデータ。そのサンプル数は約5万5000人分に及ぶ。

 結果、イブプロフェンあるいはアセトアミノフェン配合の薬を「6年以上使用した女性」の場合、同じ使用期間が「1年以下の女性」に比べて、難聴になる可能性が高い確率が解読された。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。