>  > 【生存】エルヴィス・プレスリー(82歳)が激写される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 1977年に42歳で亡くなったロック界のレジェンド、エルヴィス・プレスリー。その唐突な死とファンを排除した密葬のため、現在も彼の生存を信じるファンは少なくない。昨年も、エルヴィスの邸宅「グレイスランド」の管理人がエルヴィス本人ではないかという噂が世界中を駆け巡ったばかりだが、またしても老エルヴィスの最新画像が話題となっている。一体この人物はエルヴィス本人なのか、赤の他人なのか? 読者の目でご確認頂こう。

 英紙「Express」(1月15日付)によると、1月8日グレイスランドの邸宅で開かれたエルヴィスの82歳の誕生日を祝う式典に、エルヴィス本人と目される人物が出没していたという。

elvis0118_01.jpg
画像は「Express」より引用

 黒いサングラスと野球キャップを身につけた真っ白いヒゲの老人が彼だというが、ボリュームのあるヒゲで顔の大部分が隠されているため、エルヴィスの特徴的な顎を確認することができない。ややや、正直なところ、あまり似ていないのではないだろうか……? 

 しかしネット上では、この老人のちょうど後ろにボディガードが控えていることが、彼がエルヴィス本人である動かぬ証拠だという意見もあり、意外と肯定的に受け止められているようだ。フェイスブックユーザーからも、「また堂々と出没したな。隣の人は彼がエルヴィスだなんて夢にも思わないだろうね」、「彼がそこにいると分かって、とても興奮したわ」、「間違いなくエルヴィス。彼がファンと一緒に誕生日を祝うことができて俺は心底ハッピーだよ」などなど、エルヴィスの生存を信じて疑わない声が多く聞かれる。

elvis0118_03.jpg
画像は「Express」より引用

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。