>  > 【1月19日の不幸】MLBスターが家族3人殺害

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ブラックカレンダー

rere0119_Martin_Bergen-thumb-990x612-54012.jpg

【ブラックカレンダーより】

『1899年頃のマーティ・バーゲン』

1900年1月19日は、MLBボストン・ビーンイーターズ(現アトランタ・ブレーブス)の若手スターだったマーティ・バーゲンが、妻と二人の子供を殺し、自らの命も断った日である。
バーゲンは当時28歳でありながら、その年代では抜きん出た才能の持ち主のキャッチャーであり、座ったままでも2塁に凄まじい送球のできるプレイヤーだった。
また、肉体的接触を厭わないハッスルプレーでも知られ、同業者からは一目置かれている選手でもあった。
しかしその一方で、チームメイトとの争いも絶えない問題児でもあり、1899年に長男がジフテリアによって死亡して以来は奇行が目立つようになり、“何者かに毒殺される”という妄想によりチームメイトを疑い始めた。その結果としてチーム全体がバーゲンを嫌うようになっていき、“翌年もバーゲンと契約するのなら辞めたい”とチームに言い出す選手が何人もいたほどであった。
さらに、そんな奇行を行なっていたバーゲン自身も、ごく近しい友人に「頭がおかしい」と告白しており、自ら制御できない精神状態であったのは間違いないことだった。
そして1900年の1月19日、自宅に戻ったバーゲンはまず3歳の次男の頭を斧で強襲、続いて妻の頭を形が変わるほどに殴打し惨殺、そして最期に6歳の長女の頭部を数回にわたり強打した。
そして自らの首を剃刀でかっきって自殺したのである。
そのこれ以上ないというほど悲惨な現場を見つけたのは、バーガーの父親であった。
まだ“統合失調症”という言葉が定着する前の、悲劇である。
“有史以来最高”とも形容された究極の肉体を持つアスリートでありながら、たった28年でその生命を全うしてしまうこともある——人間とは誰もが絶妙なバランスの上で生きているものなのであろう。

(写真はWikipedia Marty Bergenより使用。Public Domain)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。