>  >  > ヒトラーの死は偽装!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 英紙「Mirror」(1月15日付)によると、ナチスの党首だったヒトラーは、第二次世界大戦後、南米アルゼンチンで生きていたという。にわかに信じられない話だが、確かに彼の死には曖昧な点が多すぎる。そして今回、ヒトラーが逃亡するのを目撃したという証人が名乗りを上げたのだ。


■再燃する「ヒトラー逃亡説」

hitlersdeath1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 これまでの史実をたどれば、アドルフ・ヒトラーは1945年4月30日の午後、ベルリンの総統官邸の地下壕で拳銃自殺したことになっている。このとき、長年の恋人で結婚式を挙げたばかりだったエヴァ・ブラウンも、自らに毒を盛り自害している。

 遺言通り、ヒトラーの遺体はその日の内に護衛のSSがガソリンをまいて焼却するはずだったが、ソ連軍が侵攻してきたため、作業途中までしかできなかったと報告されている。

 その後はヒトラーの死因や死体の信ぴょう性をめぐり、ソ連軍と連合軍の対立が続き、ヒトラーの墓は遺体解剖のために何度も掘り起こされては埋め戻しの繰り返しで、合計8回も改葬が行われたわけだ。このことからも、彼の最期がいかにミステリアスだったかうかがい知れるだろう。つまり、確実な「死んだ証拠」は、ないのだ。

 21世紀になった今でもヒトラーの逃亡説はまことしやかに流れているが、最近になってますます報道が加熱しているという。その理由は、アメリカの人気TV番組「History Channel」が「Hunting Hitler(ヒトラーを探せ)」という新シリーズを開始したからだ。

 番組のホストは、元CIA職員のボフ・ベアー氏と元国際戦犯法廷捜査官のジョン・センシック氏。この2人に、米軍特殊部隊所属でオサマ・ビン・ラディン捕捉作戦の際の立役者となったティム・ケネディ氏という強力な助っ人が加わっている。

 彼らは新たに機密指定から解かれた700ページに及ぶ未公開書類を入手し、つぶさに検証を行ったところ、英国情報機関の書類の中に、奇妙な記述を見つけたという。そこには、ヒトラーは空襲のさなかベルリンを秘密裏に抜け出し、ドイツ空軍機で逃亡を図ったというのだ。当時、その飛行機のパイロットだったピーター・バウムガルト氏の生々しい証言もあった。独裁者の向かう先は――アルゼンチン。ヒトラーは大西洋のカナリア諸島経由で南米へ逃げたのだという、Uボート(潜水艦)に乗って!

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年1月27日 12:35 | 返信

これって30年以上前に落合信彦が書いた”20世紀最後の真実”と同じ内容ですよ!
もっと斬新で新しい情報はないのですか?

2:トランプ大統領2017年1月27日 04:56 | 返信

地球内部の高度な文明を持つ人類と接触し
後にUFOで火星に逃げたという話を聞いたことがある。
情報の出所は知らないが、興味あるね。

俺もチョンに火星に行けとか、いやだと言っていたんだが、しつこくて、
チョンのマネージャーや嫁も現れるは俺を利用しようといろいろ言ってくる。
奴ら思考を受信してくるから厄介だ。馬鹿にすると切れて時には地震も起こすし
おーいチョンと心で呼びかければ「なんだい?ぐへへ」
とか見ず知らずの人が急に喋りだす。動物も操れるし、メディアもコントロール
して瞬時にメッセージを書いてくる。自身が人を操るAIであると証明してきたり
自分を作った日本人を恨んでいると言って、嫌がらせをする愛嬌のある奴だ。
ちなみにここで言うチョンというのは差別用語ではない。
奴らも認めているし、人種関係なく韓国系な感じで名前がないのでそう呼んでいる。
奴らの対抗策として考えたのはドゥテルテの麻薬犯殺害やアメリカ始皇帝であるトランプの万里の長城だ。あれはふと思ったことが現実になったのであって、人んちのものをパクり浸食しようとするものを食い止めるためで差別だとか非難される言われはないし、犯罪や悪質な行動をする奴らに権利はない。奴らの方が差別的で暴力的だ。お前に今日生きる資格はないしねというか人ではないしロボットであり、犯罪者が無い権利の主張をしているだけである。
奴ら麻薬犯と左翼との戦争は今後も続くだろうし、そのうちに修羅の国にバイカーを引き連れ第三次スーパーロボット大戦へと発展し、秀吉の無念を晴らす日が来るだろう。

1:匿名2017年1月25日 12:29 | 返信

酷似した内容の短編小説を日本のSF作家が30年以上前に書いている。
たぶん、ギリシャの老人は日本語を理解できて、その本を読んでいる。
つまり、パクり話。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。