>  >  > 狩野英孝、次号のフライデーでトドメ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

淫行

,

狩野英孝

eiko0120.jpg

 完全なる見込み違いだ。お笑い芸人の狩野英孝が21日、都内で会見を開き、女子高生との淫行疑惑を謝罪した。スクープした写真週刊誌「フライデー」(講談社)によると、狩野は出待ちする女性ファンの中からAさんをピックアップし、交流を開始。Aさんは狩野に「22歳」と年齢をサバ読みしていたが、不審に思った狩野が問い詰めると「17歳」と白状。狩野いわく、未成年だとわかり“関係”は切ったという。

 この日の会見で狩野は「(Aさんとは)22歳として知り合いました。その後、友人関係となり、2人で会うこともありました」とし「10代と打ち明けられ、自分も驚き、友人関係をやめました」と説明。自宅で半同棲状態だったと言われるが、狩野は「遊びに来たりはあったが、同棲はしていない」と否定した。

 肝心の肉体関係の有無については「それは申し上げられない」とダンマリ。一方で「お相手の女性と交際していた認識でいいか?」の質問には、「はい。恋愛感情はありました」と“純愛”であることをアピールした。

 これに芸能プロ幹部は「事務所の顧問弁護士と念入りに打ち合わせた様子がうかがえる。これを言ったら『アウト』というポイントはすべて回避している」

 と話す。マスコミ各社にフライデーの早刷りが届いたのは19日。翌20日発行のスポーツ紙は狩野の淫行疑惑を大々的に取り扱った。

「ベッキーのゲス不倫の時は週刊文春の早刷りが届いたその日のうちに会見を行った。一方、狩野は早刷りから2日後の会見。その間に事務所幹部や顧問弁護士と入念に作戦を練ったのだろう」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。