>  >  > 性病予防に「リステリン」が効く!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_mouth001.jpg
性病は口でも感染する! shutterstock.com

 今、日本に性感染症が広がりつつある。厚生労働省は昨年11月、性感染症の予防や早期発見につなげようと、美少女戦士セーラームーンを起用したポスター「検査しないとおしおきよ!!」を発表し、話題を呼んだ。

 国立感染症研究所の調べでは、昨年(2016年)7月3日時点で全国の「梅毒」患者数は2019人。半年間で2000人突破の急増ぶりは、一昨年(2015年)の実績(2600人)の76%を占めていた。

 しかも厚生労働省の概要によれば、とりわけ「20代前半の女性感染者」が前年期同期比で2.7倍の増加が著しかった。

 梅毒急増の背景は「(同性間/異性間を問わず)不特定多数との性行為が増えていると推測するしかない」(感染研)とのこと。

 オーラルセックスによる性感染症の増殖も憂慮されており、「とくに若い世代に多く、調査の結果では7割以上で(口腔性交が)行なわれ、その際にコンドームを使用するのは2割程度」(厚生労働省)。

 一昨年秋には、福岡の研究班が「<抗生物質が効かない淋病>が、3年で2%→23%」という急増報告をした。

 そんな日本にとって、大いに耳を傾けるべき最新知見が『Sexually Transmitted Infections』(2016年12月20日・オンライン版)に掲載された。注目の報告論文は、豪州・メルボルンセクシャルヘルスセンターのEric Chow氏らが研究結果をまとめたものである。

 Chow氏らの見解によれば、日本でもおなじみの市販マウスウォッシュ(口内洗浄液)が「口腔内の淋病抑制に役立つ可能性」があり、習慣的な日常使用が淋病拡散を抑える「安価かつ容易な方法になりうる」そうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。