>  >  > 脳死者が蘇る「ラザロ徴候」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_razaro0123.jpg
脳死者が蘇る? shutterstock.com

 死者を蘇らせることはできるだろうか?

 2016年6月、全国公開された映画『ラザロ・エフェクト』(デヴィッド・ゲルブ監督)は、生き返った人間が体験する恐怖を描くホラー作品だ。

 研究者フランク(マーク・デュプラス)と婚約者のゾーイ(オリヴィア・ワイルド)の研究者グループは「死者を蘇らせるラザロ血清」の研究に没頭していた矢先、ゾーイが感電死。フランクはラザロ血清をゾーイに投与し、ゾーイを蘇らせる。だが、怪奇な異変がゾーイを襲う。フランクたちは想像を絶する恐怖と向き合うが……。

 この映画で描かれた「ラザロ徴候」とは何だろう?

脳死患者に脊髄反射が起きる! 腕が硬直し持ち上がる! 背中が反り返る!

 1984年、脳神経学者のアラン・H・ロッパー教授(ハーバード・メディカルスクール神経科)は、脳神経科学誌『Neurology』に論文「脳死した患者が自発的に手や足を動かす病態の考察」を発表し、5例の特異な臨床例を報告する。

 ラザロ徴候は、脳死患者の呼吸器を外した時に、腕が硬直したまま持ち上がったり、背中が反り返って、手足を胸の前に合わせて祈るような動作を続ける。直後、手を元の位置に戻す。胴体、腕、足に鳥肌が立つのも特徴だ。血圧上昇、頻脈が生じるという報告もある。

 ロッパー教授によると、ラザロ徴候は低酸素による脊髄反射(脊椎自動反射)だ。だが、動作時間が他の脊髄反射に比べて長いため、延髄の関与を唱える見解がある。

 脊髄反射は、「熱いものを触れると瞬間的に手を離す」、あの反応だ。つまり、感覚神経が刺激を受けると、脊髄に送られたインパルスが運動神経に伝わって反射反応が起きる。刺激が脳を経由しないため、刺激を受けてから反射を生じるまでの時間が短い。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。