>  >  > 量子論がもたらすワクワクな未来技術4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 古典的な物理学はもちろん、一般常識として疑う術もないような物事についてさえ、その考え方を根本的に揺るがしているのが現代の「量子論」だが、なにも我々を困らせるために研究されているわけではない。量子論の研究が進むことによって、これまで考えてもみなかった新しい技術が我々の生活にもたらされるかもしれないのだ――。


■量子論が導くワクワクする未来技術

「シュレーディンガーの猫」に代表されるように、思わず頭を傾げたくなる理論や思考実験ばかりの量子論だが、決して人を混乱させるために存在しているわけではない。将来、量子論の研究が進むことでもたらされるであろう“輝かしい未来技術”4つを、科学系ライフスタイル情報サイト「Collective Evolution」が紹介している。

quantummechanics1.JPG
Collective Evolution」の記事より


1. 量子ネットワークの開発

 2つの量子が密接に絡み合い“一心同体”となっている関係を「量子もつれ」状態にあるという。一心同体のこの2つの量子を、たとえ遠く離れ離れに引き離したとしても密接な関係は揺らがないのである。つまり“遠く離れていても心は一緒”という演歌や歌謡曲の歌詞に出てきそうな状態なのだ。

 量子もつれ状態で離れ離れになった2つの量子を、仮にAとBということにして話を進めよう。この時、面白いことに量子Aに情報“X”を持たせてみると、なんとその瞬間(厳密には瞬間ですらないのだが)、AとXは消えてなくなり、遠く離れた場所のBがXになってしまうという驚くべき現象が各種の実験で確かめられている。これはつまり、ケーブルや電波を使わなくとも、量子論の現象を活用することで離れた場所へ情報が瞬時に伝達できる可能性が示唆されているのだ。そしてこの“通信速度”は、光速よりも早いといわれている。厳密に言えば情報が物理的に移動しているわけではなく、もはや“速度”という概念は関係ない現象なのだが、活用法としては瞬時に情報伝達を行なう超高速通信システムの開発が期待されている。

 具体的には、きわめて演算処理速度の速い量子コンピュータや、飛躍的な伝達速度を持つ量子ネットワークの開発が見込まれている。人類が火星に進出した際には、惑星間の通信に量子ネットワークが使われるのではないかともいわれているのだ。

コメント

1:匿名2017年9月28日 11:52 | 返信

光速を超える光ってなんだよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。