>  >  > 医学で解剖学が軽視されている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

kaibo0127.jpg
肉眼解剖学はどこへ行く? shutterstock.com

 2030年、日本の医療は大丈夫だろうか……。

 この不安の根底にあるのは、医学部・歯学部における解剖学などの基礎科目の軽視だ。解剖学講座に属している先生方は、烈火の如く否定されると思うが、今の解剖学教室の9割は、読者の皆さんが思っているような、メスなどを用いて直接解剖する「肉眼解剖学」的な研究はされておらず、ほとんどの研究が最先端のDNAを用いた研究である。

 ヒトの体の進化は、そんなに早く変わるものだろうか? 私はヒトの体は、沢山の動物の中では、物凄く進化の遅い、保守的な動物だと思っている。現在の解剖学が始まったとされるルネサンス期の書物さえも引用しようと思えば出来るくらいだ。

研究機関としての肉眼解剖学の実状

 なぜ実際の研究と一般に想像される解剖学が離れてしまったのか? それは、皆さんが思っておられる様な研究をしていては教授になれないから、つまり、解剖学講座に就職できないからだ。

 肉眼解剖学的な手法を用いた研究は、1本の論文を書くのに、場合によっては複数年にわたる膨大な解剖のデータが必要になる。しかし、DNAを用いた研究で、受精後初期の発生や臓器などの器官発生は、肉眼解剖学に比べたら短期間で多数の論文を書くことができる。また、肉眼解剖学の研究よりも外部研究資金の獲得が容易だ。

 研究者間においても「肉眼解剖学は過去の研究であって、現在の研究では新しい発見はない」という誤った認識が、学力的順位の高い人ほど強い傾向がある。そのため「肉眼解剖学は過去の物で、研究している人は、天然記念物か絶滅危惧種」と揶揄されることが解剖学会内でも多くある。

 しかし、100年以上も昔に論文が書かれたまま、それ以降の研究がされていない分野も多々に存在する。劇的な新発見ではなかったとしても、現在の機器で100年以上前からの解剖学を、螺旋階段のように、より深く追確認して、過去との相違点や誤認点を改めていくのも大事ではないか? 最先端の研究も大事だが、昔からの研究も大事ではないか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。