>  > ジョージ・ソロスの2017年予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 2008年のリーマンショックを予測して事前に備えていたといわれ、また昨年の「ブレグジット」(英国のEU離脱)についても十分に想定していたとされる世界的な投資家、ジョージ・ソロスが今年を展望するエッセイを先日発表した。そこには発足したばかりのトランプ政権のゆくえや、ブレグジットに揺れるEU情勢、ロシアのプーチン大統領の動向など興味深い話が語られている。


■著名投資家ジョージ・ソロスの2017年予測

sorosprediction1.JPG
ジョージ・ソロス 画像は「Wikimedia Commons」より

 昨年11月の大統領選でのトランプ勝利直後の株価急騰を受けて、投資家のジョージ・ソロス氏は一説によると10億ドル近い損失を出したといわれている。現在86歳のソロス氏にとって惨憺たる大統領選の結果となったが、昨年12月28日にはNPOの国際的シンクタンク「Project Syndicate」のサイトで2017年を占うエッセイを公開。巨額の損失に見舞われたことが影響しているのかどうかはわからないが、ソロス氏によれはトランプ政権の先行きはかなり危ういものになるようである。

 ソロス氏はまず、歴史的な視点から現在の社会情勢を分析している。現在の世界はとても痛ましい時を迎えていて、開かれた民主的な社会の存続が危機にあり、一方で独裁者やマフィアに牛耳られた狭く閉じた共同体が世界のあちこちで台頭してきているという。確かに各国で民族主義が目立つようになっていることや、フィリピンのドゥテルテ大統領やトランプのように端から国際協調という観点を度外視にしたリーダーが現れはじめていることも事実だろう。ではこの認識からどんな状況が導き出されるのか?

 外部に開かれた共同体の存立基盤が危ういものになり、小さく閉鎖的な組織が増えているということは、選挙で選ばれた政治家が支持者の要望に応えられないことを意味しているという。つまり選挙公約が実現できないということだ。期待して投票した人々にとってみれば、裏切った指導者層は民主主義を建前にして、不当に利益を得ているのではないかと感じ始めるという。まさに1%対99%の、社会の“分断”がますます鮮明になるということだろうか。

コメント

4:匿名2017年2月25日 12:27 | 返信

初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりにジョージ・ソロスのモノがパパブッシュの中を動くたびに、腸内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…ソロス…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…ソロスもブッシュで気持ちよくなってるんですね…っうん!」
…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながらジョージソロスが呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「ブッシュも…イキそう…ソロス、今日ブッシュ、安全日なんです。だから…中にっ!」
「ブッシュっ…もう限界だ…」
「はい。じょーじそろす、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
ジョージソロスはそのままパパブッシュの中に精液を発射した。熱いドロリとした精液がパパブッシュの腸内に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングでパパブッシュも達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。
「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながらジョージソロスが呟く。
「…はい…その心構え、立派だと思います。」
「男としてそれくらいは…な。」
  大物資産家がアメリカの元大統領を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。

3:匿名2017年2月25日 12:25 | 返信

初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりにジョージ・ソロスのモノがパパブッシュの中を動くたびに、腸内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…ソロス…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…ソロスもブッシュで気持ちよくなってるんですね…っうん!」
…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながらジョージソロスが呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「ブッシュも…イキそう…ソロス、今日ブッシュ、安全日なんです。だから…中にっ!」
「ブッシュっ…もう限界だ…」
「はい。じょーじそろす、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
ジョージソロスはそのままパパブッシュの中に精液を発射した。熱いドロリとした精液がパパブッシュの腸内に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングでパパブッシュも達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。
「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながらジョージソロスが呟く。
「…はい…その心構え、立派だと思います。」
「男としてそれくらいは…な。」
  大物資産家がアメリカの元大統領を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。

2:匿名2017年1月31日 16:45 | 返信

10億ドルの損失を未然に防げなかった人が書いた「今年の展望」って当たるの?

1:匿名2017年1月31日 16:31 | 返信

TOCANAが騙されてフェイクニュースを発信しない事を祈ってるよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。