>  > クドカン大河に見るNHKの方針転換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1125kudou_01.jpg
※イメージ画像:『宮藤官九郎最強説~オールナイトニッポン始めました~』

 東京五輪を翌年に控えた2019年のNHK大河ドラマの大枠が決まり、脚本を宮藤官九郎が務めると発表された。NHK朝の連ドラ『あまちゃん』の実績から勝ち取った大河デビューともいわれている。しかし、“オリンピックをテーマにした近代”を描くとあって、NHKの英断には驚きの声もあがった。果たしてNHKの真意はどこにあるのか。

「大河ドラマといえば歴史ものが多く、近代を舞台にした大河は1986年に放送された『いのち』があり、前例がないわけではないのですが、やはり非常に珍しいことです。NHKとしては人気脚本家である宮藤になにがなんでも大河を書いてもらって、視聴率を取りたいのです。事実、『歴史に疎くて大河など書けない』と拒否した宮藤さんにNHK側は『宮藤さんが書けるものを書いてくれればいい』とまで言ったそうですからね」(放送関係者)

 確かに『あまちゃん』でも宮藤の脚本が多くの人を惹きつけ、それが視聴率にも貢献した。だが、公共放送であるNHKが視聴率にそこまでこだわる理由は何なのか。

「NHKは放送センターの建て替え工事が予定されており、さらに4K・8Kスーパーハイビジョン放送などのための設備投資もあります。そのため、受信料の値上げも検討しているほど。しかし、受信料の不払いも目立ち、NHKの存在そのものが否定される昨今、報道以外の番組をNHKが作る意味があるのかといわれているんです。

 特に莫大な製作費を要する大河ドラマには不要論が根強いのです。高視聴率を獲得していれば制作する意義を訴えることができますが、最近は低視聴率の傾向にあるため、そろそろ本気で数字を狙いにいかないとまずい状況に陥っているんです」(同)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。