>  >  > 【超・閲覧注意】恐怖の「人肉グラデーション」
君はジャケ買いできるか!? シリーズ18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Aquaphilia

,

Leoneko

,

ゴアグラインド

170116_main03_mini.jpg
顔に傷痕は残したくはないですよね(※イメージ画像 Think Stockより)

 TOCANAのページ内検索で「手術 顔面」と検索すれば、普通ならば目を覆いたくなるような画像が載った記事がわんさかと出てくる(コチラ参照)。その多くが痛ましい事件や事故のものだ。

 海外では、日本では絶対に使用できないようなグロい死体や事件・事故の被害者の写真が大手報道機関で使われたりする。だからゴアグラインドバンドのような一般的にはぶっ飛んだような人たちは、アートの一種としてそれらの写真を使用するネタには困らない。

 どこから手に入れたのか、「Aquaphilia」というロシアのゴアグラインドバンドが2014年末にリリースしたスプリットのアルバムジャケットの写真は、グロい・痛々しいという意味ではなかなかのレベルのものだった。

 ゴアグラインドバンドのアルバムジャケットの多くに使われる死体写真は、損壊が激しく血でグチャグチャの肉塊のようになっているので、グロいはグロいのだが、細部までの確認は難しく、意外とその手のものが苦手な方でも見られたりする。それに、あまりにもグチャグチャでかえって現実感がなかったりするので、案外見ることができるという方もいるだろう。

 今回紹介する「Aquaphilia」の1枚はグチャグチャになってはいないし、血も邪魔になっていないので、細部まではっきりと人肉のグラデーションを確認できる。なのである意味リアルで本当にグロく、非常に痛々しい。何しろ顎から耳にかけてきれいにスパッと切断され、ぱっくりと鮮やかに開いてしまっているのだ。ジャケットにはタイトルも載っていないため、なのでなおさら細かく見ることができる。

次ページ閲覧注意! 自己責任のもとお進みください。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年2月 2日 16:03 | 返信

うっすらと現れて、下に降りてく
この手の広告は不快でしょうがない
サイトのレベルがこれだけで下がる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?