>  >  > LDHの“脱・バーニング”路線に業界が身震い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
LDH.jpg
画像は「LDH 2017」より引用

 2017年、日本の旧態依然とした芸能界が大きく変わるかもしれない。長年にわたり大きな力を持ってきた「芸能界のドン」ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長に対し、EXILEのHIRO率いる芸能プロダクション・LDHによる“脱バーニング”の流れが加速しているのだ。日本の芸能界、特に音楽業界では周防社長のもと一定の“秩序”が保たれていたが、世界進出を標榜するLDHはそれをぶち壊し、新しい時代を築こうとしている。

 今年からLDHは組織を大きく改変。世界各国にLDHジャパン、LDH USA、LDHアジア、LDHヨーロッパを設立し、それらをLDHワールドが統括する体制になった。LDH社長だったHIROは退任し、LDHワールドのクリエイティブ・リーダーに就任した。新生・LDHグループを周知するために、世界的なDJ、アフロジャックを迎えて「Follow YourDreams」という楽曲まで制作し、ホームページにアップしている。

「昨年にはアフロジャックとマネジメント契約を結ぶなど、世界進出を本気で狙っている。今年は、ますますその傾向が強くなるだろう」(レコード会社関係者)

 そんなLDHも、昨年は悪評にまみれた1年だった。「週刊文春」(文藝春秋)にLDH内でのパワハラ疑惑、さらに一昨年のレコード大賞買収疑惑を報じられたのだ。特に買収疑惑は、レコ大選考で権力を握るバーニングプロからLDHに送付した1億円の請求書が流出。LDH所属の三代目JSoulBrothersのレコ大受賞の裏で莫大なカネが動いていたことが表面化し、音楽業界のみならず世間を揺るがす大問題へと発展したが、これがある意味“旧態依然”の癒着だらけの芸能界と決別する契機となったという。

コメント

1:匿名2017年2月 5日 11:55 | 返信

歓迎だね。
日本の芸能界は気持ち悪いからドンドン変わってほしい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。