>  > 幽霊の存在と重さを計算で出す方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

《今日からドヤれる理科知識》出張 夜子の保健室バックナンバーはコチラ

第7回「オバケなんて無いさ 物理的に無いさ」

漫画:くがほたる
原案:ヘルドクター・くられ

doya7-1.jpg
doya7-2.jpg

★…第7回「オバケなんて無いさ 物理的に無いさ」おわり…★

r2_raru_ worried.jpg

オバケいたじゃん!!






y3_mobayoruko_normal.jpg

いやーヤバかった!






r1_raru_normal.jpg

でも、それじゃこの解説編が意味なくなっちゃうね。






y3_mobayoruko_normal.jpg

うむ。マンガじゃなくてリアルな話に戻そう。まず、「オバケは科学的にいない」っていう言い方は、科学的な表現とはいえないのよ。いきなり自己否定しててアレだけどネw





r2_raru_ worried.jpg

? 科学の上ではオバケはいないっていうことじゃないの?






y3_mobayoruko_normal.jpg
 

いやー。たしかに、大半のお化け騒動や、心霊現象は科学的に説明できるし、モノによっては再現性も高い。でも、この「再現性」ってのが科学ではすごく大事でね。再現性があることで「科学」というものは進歩してきたわけよ。例えば、とある鼻フック女子が論文で「できたできた」といっても、それを第三者が真似してできなければ、本人が気がついてないマグレ要素があったか、嘘かのどっちかであるといえる。っていうかその論文は「無価値」と言えて、もはや「科学」ではないのよ。

このように、科学というのは「再現性」ありきで発展してきたので、お化けのような「再現性」に乏しいものを「いない」と結論付けるのは苦手なんだよ。


r1_raru_normal.jpg

じゃあお化けは科学的にも存在すると言える……わけ?






y2_mobayoruko_doya.jpg

いや、「いない」と証明もできなければ「いる」とも証明できない。いないものの証明は「悪魔の証明」と同じで極めて難しいのよねー。





r1_raru_normal.jpg

科学だめじゃん!







y2_mobayoruko_doya.jpg

いやいや、大半の霊現象・怪奇現象の類いは科学的に説明がつくし、見間違いや錯覚だったことも実験で確認できる。その上、近年の脳科学の発展で、脳の悟りを感じたり、宇宙と繋がった感じがしたり、幽体離脱する脳の部位が存在することもわかっているけど、昨年、脳の活動や状態を視覚化するために利用されている画像技術「fMRI」のソフトウェアにバグが発見されたこともあって、具体的な部位の特定はまだ完全には断定できない状態ってとこかな。

 話が逸れたけど、そうした「自然現象や脳の錯覚」といった再現性のある実験結果を元にしたうえで「現在報告されているお化けの大半は存在することが極めて困難であり、存在を肯定することは極めて難しい」という表現でならお化けの存在を否定はできるわけ。


r2_raru_ worried.jpg

あ~、頭こんがらがってきた。







y3_mobayoruko_normal.jpg

まー平たく言えば「いるともいないとも言えないけど、いない確率のほうがすげえ高い」という身も蓋もない感じになる。






r1_raru_normal.jpg

でもオバケって未知の存在だから私たちの物理法則に乗っ取って動くわけじゃないんでしょー。






y3_mobayoruko_normal.jpg

そうそう。オバケは未知の存在でも物体Xでもなんでもいいんだよ。
でも、“オバケに押された”とか“オバケが人形を落とした”とか、よくあるでしょ。オバケのパワーがどれだけ未知でも、人形や人の位置エネルギーや運動エネルギーは、未知ではなく既知のエネルギー。未知の何かが干渉したとしても、既知のエネルギーと釣り合わせて計算することで、その不条理さを浮き彫りにすることができるのじゃ。


r1_raru_normal.jpg

……でもいたじゃん!
 





y3_mobayoruko_normal.jpg

いやーヤバかった!
 





doyabanner2.jpg
バナーをクリックすると前回の記事が読めるよ!

【これまでのマンガ&記事一覧はコチラから】

●キャラクター紹介

y3_mobayoruko_normal.jpg

喪葉 夜子(もば よるこ)
みたまま鬼畜眼鏡。正体不明のマッドサイエンティストで保健室の先生。おっぱいでかい。初出は「新版 アリエナイ理科」の巻末マンガ。キャラクターデザインは「京作」。



r1_raru_normal.jpg

院手 らる(いんで らる)
女子力に磨きをかけたいお年頃の体育教師。独身。お酒とカラオケと深夜の買い食いが趣味な少し残念系。特技は早着替え。夜子の幼なじみで2歳年下。


●作家紹介

漫画/くがほたる
油淋鶏が大好きな駆け出し漫画家。イラスト/マンガのお仕事は常に募集中!
https://twitter.com/h3r4x
http://www.pixiv.net/member.php?id=2201838

原作/くられ
本サイトの連載「ググっても出ない毒薬の手帳」でもおなじみのサイエンスライター。アリエナイ理科ノ教科書などの執筆活動の他、漫画や小説の科学設定/監修なども手がけ、そうした活動をまとめた本が来年発売予定。詳細はメールマガジンなどで。
http://www.cl20.jp/R/

コメント

1:匿名2017年3月14日 18:28 | 返信

昔から思ってましたけど。
神経を部分的にハックして背中をさわられた感触と本人に自ら身体を押させる、
という方法でなら30gの幽霊が60㎏の人を押せるのではないでしょうか?
 電気信号位なら質量が少なくても未知のエネルギー?で賄えると考えられます。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。