>  > 「イルミナティ」が公式サイトでメンバー募集中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 世界を影から操っていると噂される秘密結社「イルミナティ」。指導者層や権力者の多くはイルミナティメンバーであるとかねがね指摘されてきたが、これまでその存在はひた隠しにされてきた。しかしドナルド・トランプ新大統領の誕生により、彼らがついに存在を認め、表舞台に飛び出してきたのだ!


■トランプとユダヤとイルミナティ

illuminatiweb_03.jpg
イルミナティとの関係が指摘されているトランプ大統領「Express」より引用

 トカナでは、トランプが大統領に就任する前から、トランプ政権がユダヤに牛耳られるであろうことを予見していた。それというのも、トランプの義理の息子にあたるジャレッド・クシュナーは、新興ユダヤ系財閥の御曹司であり、ジャレッドの父・チャールズはフリーメイソンのメンバーである可能性がある上、ロシア系ユダヤ人とのただならぬ関係も噂されていたからだ。

 蓋を開けてみれば、主席戦略官・上級顧問にユダヤ系保守メディア「BREITBART」で会長を務めたスティーブン・バノン、財務長官にゴールドマン・サックス元幹部でユダヤ人のスティーブン・ムニューチン、商務長官にイギリスのユダヤ系投資銀行「N・M・ロスチャイルド&サンズ」に所属していたウィルバー・ロスらを起用するなど、要職はびっしりとユダヤ系の人脈で固められている。

illuminatiweb_01.jpg
画像は「Illuminati公式ウェブサイト」より引用

 そして、トランプ政権の誕生に伴い、これまで裏方に徹していたユダヤ系秘密結社「イルミナティ」が、「一部の国際金融資本家と知的エリートが絶対的な権力をもって全世界と大衆を管理・コントロールする平和な社会」を目指す「新世界秩序(New World Order)」の達成に向け遂に動き出したのだ。なんと、トランプの大統領就任後から「イルミナティ公式ウェブサイト」は大きな注目を集めるようになり、1月26日には英紙「Express」などが取り上げるほどの話題となっているのだ! これは彼らが積極的に宣伝活動をした結果ではないだろうか?

 同サイトの設立目的には、「イルミナティが設立されて以来、多くの市民が不適切にもイルミナティを否定的に描いてきました。これらの誤解は、イルミナティやそのメンバーに精通していると自称する映像、写真、書籍、インターネットなどを通して数百年に渡り根付いてきたものです。そこで、我々の目的は、この惑星の人々のイルミナティに対する懸念を和らげ、イルミナティの活動と目的を理解して頂くことです」と書かれ、さらには新規メンバーも募集しており、何人かのメンバーは顔写真付きで紹介されている。秘密結社とはとても思えないアットホームな作りのウェブサイトだ。

コメント

5:匿名2017年3月25日 13:26 | 返信

ったく みんなが知ってる秘密結社って意味あるのかな?
本物は永遠に出てこないのでは?

4:匿名2017年2月 5日 11:35 | 返信

クソ記事だな。

3:匿名2017年2月 5日 11:33 | 返信

全くのデマ記事だな。よくもでっち上げを書けるもんだ。関暁夫と同レベルの与太話だ。
トランプは選挙前からTPPに反対していた。それだけでもイルミナティ側ではないのは明らか。
あの悪徳ユダ金モンサントが推進していたTPP。国民から民主主義を奪うためだけのTPP。
モンサントが後ろ盾をしていたクリントンこそユダ金イルミナティの犬であり
イルミナティ側の人間だ。オバマもクリントンもブッシュもCFRの犬。
今、反イルミナティで戦っているのはトランプ大統領とプーチン大統領だ。
トランプ大統領は911の再捜査も明言している。本当の悪人がこれから炙り出される。

2:匿名2017年2月 5日 11:31 | 返信

全くのデマ記事だな。よくもでっち上げを書けるもんだ。関暁夫と同レベルの与太話だ。
トランプは選挙前からTPPに反対していた。それだけでもイルミナティ側ではないのは明らか。
あの悪徳ユダ金モンサントが推進していたTPP。国民から民主主義を奪うためだけのTPP。
モンサントが後ろ盾をしていたクリントンこそユダ金イルミナティの犬であり
イルミナティ側の人間だ。オバマもクリントンもブッシュもCFRの犬。
今、反イルミナティで戦っているのはトランプ大統領とプーチン大統領だ。
トランプ大統領は911の再捜査も明言している。本当の悪人がこれから炙り出される。

1:匿名2017年2月 2日 02:24 | 返信

本物は絶対に出てこない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。