>  >  > グーグルアースがアブダクションの瞬間を激写!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
Alien_ABDUCTION_on_Google02.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 UFOとの接近遭遇事例として、エイリアンによる人類誘拐事件、いわゆる“アブダクション”が知られている。

 アブダクション体験者は、UFOの中でエイリアンに医学的な手術を受けたり、体内に発信機を埋め込まれた、などと証言している。中には、性行為の対象になったという報告まであるのだが、このようにアブダクション体験は、物的証拠を伴わず体験者の証言のみが報告される場合が多い。催眠療法によって記憶が蘇り、アブダクションの詳細が判明するケースもあり、そのような場合はエイリアンによって記憶の一部が消されているのではないかと推測される。一部の研究者は、「アブダクションなど存在せず、体外離脱などの臨死体験を、エイリアンによる誘拐・拉致と捉えているのではないか」と考えている程、アブダクションは物的証拠に乏しく、おぼろげな輪郭しか描くことができない現状だ。

 そんなアブダクションに関して、驚きの報告が飛び込んできた。なんと、アブダクションの瞬間がグーグル・アースにばっちり写っているというのだ! さらに不思議なことに、その画像を発見したのは、誘拐された本人だという……。

 やはり臨死体験などではなく、エイリアンによる誘拐は確かに行われているのだろうか!? 1月27日付の英紙「EXPRESS」が、この摩訶不思議な事件を伝えている。


■エイリアンにさらわれているのは自分!?

 イングランド南西部のデヴォン州トーキーに暮らすジョン・ムーナー氏は、UFO画像を多数掲載しているウェブサイト「www.WORLD UFO PHOTOS.ORG」に多くの画像を提供している人物だ。かなりのコンタクティと見え、昨年9月には3カ月間に8体のUFOを目撃した人物として、英紙「Herald Express」にも取り上げられている。

 そんなムーナー氏が、グーグル・アースで昨年UFOを目撃したエリアを調べていたところ、異常な光景を発見し、言葉を失ってしまったという。

「よく見ると、その衛星画像にはアブダクションが行われている瞬間が映されていました。さらに衝撃的なことに、グレイタイプのエイリアンに誘拐されているのは、私だったのです。画像には、私が必死に抵抗する様子が映り込んでいます」(ジョン・ムーナー氏)

Alien_ABDUCTION_on_Google03.jpg
画像は「Herald Express」より引用
Alien_ABDUCTION_on_Google04.jpg
画像は「Herald Express」より引用
Alien_ABDUCTION_on_Google05.jpg
画像は「Herald Express」より引用

 画像には、白く発光する物体が、大・中・小と3体確認できる。機体には透明な翼のようなものが付いているようだ。住宅地の上空を飛んでいるようで、確かに奇妙な画像なのだが、アブダクションの瞬間であるとムーナー氏が主張する、黒っぽい画像(一番下の画像)はかなり判別が難しい。目を凝らすとぼんやりとではあるが、小さなエイリアンが人間の手を取っているように見えないこともない。意外にも、エイリアンが直接UFOまでムーナー氏を運んでいたようだ。しかし、なぜこれほど不鮮明な画像に写っている人物が自分自身であるとムーナー氏は確信できたのだろうか……。

コメント

4:僕はこうきを失いたくなかったんだ(泣)#squall2017年2月 6日 15:23 | 返信

スコットウェアリングが記事を書いてるサイトはここのサイトで知り得たのでcheckしてるけど、近いうちに載ると良いね。TOCANA頑張れなー。

3:匿名2017年2月 6日 14:11 | 返信

なぜいつものスコット・ウェアリング氏じゃないの?
あの人なら「アブダクションの決定的な瞬間です」って記事が書けるじゃん
どうでもいいことは肯定してバカみたいな記事書くのに、今回は否定的
いったいtocanaはどうしちゃったんだい?

2:take2017年2月 6日 12:47 | 返信

学くん、ネタばれを入れたような、逃げ道を用意した記事を書いちゃダメだよ
スコット・ウェアリング大先生を見習って、ちゃんと本物だって断言しなさい

1:匿名2017年2月 6日 12:40 | 返信

スコット・ブランドーに1票w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。