>  >  > 宇宙を支配する「78:22の法則」とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
7822_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■この世のすべては「78:22」からできている!?

 読者のみなさんは「78:22の法則」をご存じだろうか? 「この宇宙のあらゆる要素が『78:22』の割合で構成されている」という話だ。

 例えば、地球の大気は窒素が約78%に対して酸素・二酸化炭素・その他の気体が22%。また、地球の海と陸地の比率も海78%と陸22%である。そして人間(子ども)の身体も、水分78%に対してその他の物質22%で構成されている。さらに、腸内の理想的な善玉菌と悪玉菌の割合も78:22だといわれているのだ。

「カバラ数秘術」におけるタロットカードの枚数も78枚、そして「22」という数字はユダヤ人が重宝する「11」の倍数であり、強い力を持つ特別な数字と考えられている。世界を操るユダヤ人富豪たちも、みなこの法則で成功を収めてきたという。そもそも「金を貸したい人と借りたい人の割合が78:22のとき、銀行が最大限の利益を得られる」というのだ。


■ビジネスに応用すると大成功もあり得る!

7822.jpg
ヴィルフレド・パレート 画像は「YouTube」より引用

 これだけ例を挙げても、まだ信じられないという人がいるかもしれない。しかし、この法則は決してオカルトに限った話ではない。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(1848~1923)は、「78:22の法則」から着想を得て「パレートの法則」という理論を導き出したと考えられている。

「パレートの法則」とは、経済において「全体の数値の8割は、全体を構成するうちの2割の要素が生み出している」という理論である。つまり、これを適用するならば「会社の売上の8割は、その会社の2割の商品で生み出している」うえ、「売上の8割は、2割の従業員が生み出している」ことになる。そして「故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある」「所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている」「プログラムの処理に要する時間の8割は、コード全体の2割の部分が占める」……など、パレートの考え方は、現在でもマーケティングなどさまざまな分野で応用されているのだ。

コメント

6:匿名2017年2月10日 16:16 | 返信

大変だ!
魔女ッこちゃんの記事にあまり鋭いツッコミを入れると、幽体離脱が趣味のおばさんのインタビューの時みたいに、
批判的なコメントは全て削除し、
書き込みもできないようにされてしまうぞ。

5:匿名2017年2月10日 08:33 | 返信

窒素と酸素の成分比はシアノバクテリアが誕生する前と後では全然違う。そもそも地球が誕生した頃の大気はほとんど二酸化炭素だった。勉強不足。数秘術的なものには何の意味もない。ただの偶然か思い込み。

4:高野愼介2017年2月10日 03:53 | 返信

78→ナハ→那覇
22→フジ→富士

ですね。

3:匿名2017年2月 9日 18:41 | 返信

海の割合は70.8%が正解。
だから魔女おばさんの理論の対象外確定。
似てる数字だから誤魔化そうとしたのか、マジボケなのかは知らないが誤認が多い。

2:匿名2017年2月 9日 14:42 | 返信

窒素とその他が78対22→分け方が恣意的
子供の水分割合が78→あらゆる要素に当てはまるといいながらなぜか子供に限定
腸内細菌の理想的な割合が78対22→ついに理想的とかいい出したし、理想の割合は善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われています

ただの苦しすぎるこじつけです

1:匿名2017年2月 9日 13:42 | 返信

>>「22」という数字はユダヤ人が重宝する「11」の倍数であり

倍数や約数もOKなら、いろんな数字がOKになるので、こじ付け放題

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。