>  >  > 「空腹時にライチを食べると死ぬ」は本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳
第18回 ライチの毒


 先日BBCが報じたニュース「Indian children died after 'eating lychees on empty stomach'(インドの子どもが空腹時にライチ食べた後死亡)」(コチラ参照)でにわかに話題になっているライチの毒。

raichi0206.jpg

 かつては冷凍でしか見ることの無かったマニアックな果物ライチも、ここ数年で日本でも生ライチが食べられるようになってきました。スーパーなどで見慣れないボール状の果物が並んでいるので見かけたことがある人も多いかもしれません。甘酸っぱく、他に類を見ない味故に、大好きな人も多いと思います。

 そこに「ライチには未知の毒がある」「ライチを食べると死ぬ」という話が出てきたわけです。

 今まで通りライチを食べても大丈夫なのでしょうか?

 これについて近年、権威ある医学論文ランセットに、ひとまずの結論が提出されて、まずまずの決着をみたので、それについても紹介しようと思います。では一体ライチの毒とはなんなのでしょう?


■ライチ死亡事件全貌

ThinkstockPhotos-101454687.jpg

 事の発端を知らない人もいると思うので、まずはまとめておきましょう。

 事件はインドの北東部にあるムザッファルプル地方の村で起きました。2013年あたりから15歳以下の子供が謎の脳障害で病院に運び込まれるということになり、133人が担ぎ込まれ44%は治療のかいもなく死亡。患者はさらに増加し、2014年には390人に上り、このうち31%が死亡するという奇病が蔓延したのです。
 
 あまりに奇妙で劇的な症状に、インド政府とアメリカの疾病対策センター(CDC)が共同で調査を開始しました。当然最初は未知のウイルスや細菌などによる感染症として調査されました。

 ただ感染症の場合、人間の体は感染症と闘うために白血球を増加させるのが目安となります。しかし患者の血液から脊髄液まで、白血球の増加はほとんど見られず異常なし。つまり、感染症の確率はかなり下がります。そこで、調査チームは彼らの行動を調べることで、ある共通点を発見しました。

 それは症状を呈した子供達の大半が70ml/dLの血糖値を下回っている低血糖を起こしているということ、それと遊んでいた場所が同じであったということです。

tounyoubyouchi.jpg
画像は、血糖値の正常値の見方。「medical-checkup」より引用

コメント

1:匿名2017年2月 7日 02:32 | 返信

日本でも、減量して干からびたボクサーが、計量直後に食べたら死ぬかも

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。